トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

佐藤、米で最適フォーム見つける 大リーグで話題のトレーニング

2019年1月6日 紙面から

トークショーで今季の抱負などを語る笠原(左)と佐藤=名古屋市中村区のエディオン名古屋本店で(板津亮兵撮影)

写真

 中日の佐藤優投手(25)が5日、初となる海外自主トレの計画を明かした。10日から1週間、木下雄介投手(25)とともに米フロリダ州でメジャー流のフォーム修正法を実践。昨年12月に東京で4施設を回った費用と合わせて約100万円を投じ、レベルアップを図る。

 「球速アップと肩の強化につながるトレーニング。半端な知識でやるより、本場で勉強して、本格的に取り組みたい」。いつもは控えめな佐藤の口調が熱を帯びた。

 現地で学ぶのは、シアトルのトレーニング施設「ドライブライン」が考案した方法。100グラムから2キロまでさまざまな重さの球を投げながら、体中につけたセンサーで動きを解析し、最適なフォームを見つけるというもの。けがを防ぎ、球速も上がるとして大リーガーの間でも話題となっている。佐藤は昨年10月、塚本トレーニングコーチに紹介されて興味を持ったという。米国行きは昨年12月のジム行脚で知り合ったトレーナーに誘われて即決。現地では大リーグ・ジャイアンツのトレーナーから、メジャー流の練習法を教わる見通しとなっている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ