トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

大野雄、減額制限いっぱいの25%ダウン

2018年11月26日 紙面から

来季に向け気持ちを切り替えた大野雄は「明るい表情の写真を使って下さい」と記者に注文する=中日ドラゴンズ屋内練習場で(小沢徹撮影)

写真

 今季は直球に勢いがあり、体も万全。それでも大野雄は勝てなかった。なぜか−

 「『投げる間(ま)がない』『すぐに投げたがるというのが出ている』と言われた。投げていてあまり分からなかったが、よく考えてみたらそうかなと」。オフに入り、今季限りで現役を引退した岩瀬だけでなく、秋季キャンプから指揮を執る与田監督、阿波野投手コーチらからも悪癖に対する指摘があった。

 開幕1軍を逃した今季は4月下旬に初昇格。だが投げても結果は出ず、すぐに抹消。その繰り返しだった。登板はわずか6試合で、新人だった2011年以来7年ぶりに0勝に終わった。球速は昨季より平均で3〜4キロアップも「スピードを求めすぎるあまり間もなくなって、打ちやすい球になっていたのかも」と振り返った。

 契約更改交渉では当然の白旗。減額制限いっぱいの25%ダウンとなる6000万円を受け入れた。9月末に30歳となった左腕は課題克服のため、ふがいなかった20代ラストイヤーの自分と向き合う。 (金額は推定)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ