トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

悲願!!竜1位 大阪桐蔭高・根尾昂、つながっていた青い糸 目指すは唯一無二の存在

2018年10月26日 紙面から

中日に1位指名され、与田監督のパネルを手に胴上げされる大阪桐蔭高の根尾昂=大阪府大東市で(伊藤遼撮影)

写真

 中日は25日、東京都内のホテルで行われた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で大阪桐蔭高・根尾昂内野手(18)を1位指名し、巨人、ヤクルト、日本ハムとの4球団競合による抽選で交渉権を獲得した。与田剛新監督(52)が当たりクジを引き当てた。

 ドラゴンズブルーの運命の糸は6年の月日を隔てても、しっかりつながっていた。午後5時23分−。大阪府大東市の大阪桐蔭高の会見場で、真一文字に結んでいた根尾の口元がふっと緩む。4球団による1位指名抽選の末、地元・中日が交渉権獲得。テレビの画面越しに与田新監督のメッセージを受け取ると大きく一礼。マイクを握ると率直な思いを口にした。

 「小さいときからテレビを付ければ中日の試合が流れていた。改めて縁があるなと感じています。再び野球熱がすごい地域に戻ってプレーができる。チームに必要とされるような選手になって勝利に貢献したいです」

 縁を感じずにはいられない。竜のお膝元・岐阜県飛騨市出身。小学6年のときに球速120キロ以上を計測。球団の公式ジュニアチーム「ドラゴンズジュニア」に選出された。一度身にまとった中日のユニホームに再び袖を通すという運命をかみしめた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ