トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

笠原、遠い1勝 今季初の本拠地 弱気で逸機

2018年7月18日 紙面から

中日−広島 4回表1死一、三塁、野間に2点二塁打を浴び3点目を許した笠原=ナゴヤドームで(中森麻未撮影)

写真

 白星という光が、はるか遠くに感じる。今季初めて立ったナゴヤドームのマウンド。笠原は本拠地に集まった竜党の期待に応えられず、5イニングを3失点。3敗目を喫し、変化球主体になった投球を悔やんだ。

 「真っすぐでどんどん押せばよかった。初回は真っすぐの調子が良かったけど、次の回(2回)から変にかわしにいこうと思ってしまった」

 立ち上がりからボール先行も、直球は手応えを感じていた。2回からカットボールやチェンジアップ主体にシフト。徐々に慣れてきた赤ヘル打線に4回でつかまった。1死から丸に中前打、バティスタを歩かせて一、二塁。この日初めて得点圏に走者を置き、下水流に右前適時打を打たれて先制点を献上した。なおも一、三塁で野間にも2点二塁打を浴び、この回で3失点。森監督は「もっと前に止めておかなきゃいけないイニング」と失点シーンを悔やんだ。

 許した適時打はいずれもカットボール。前回登板だった7月9日のDeNA戦(横浜)でも直球で押し切れなかった。2試合続けて同じ課題を浮き彫りにしてしまった笠原は「学習能力ゼロですね」と、自虐的に言葉を絞り出した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ