トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

ガルシア、9勝 初回ピンチ切り抜け 4回左脚けいれん克服

2018年7月8日 紙面から

中日−ヤクルト 1回表2死一、三塁、畠山を三振に仕留め、グラブをたたいてベンチに戻る先発のガルシア=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)

写真

 “球宴御礼”の9勝目だ。7イニングを被安打3の零封。その直後の決勝点。球宴にも監督選抜で初出場が決まっているガルシアが、前半戦締めくくりとなる先発で粘投を続け白星を手にした。

 「チームメートに感謝したい。何とか自分のリズムで、良い投球をすることができた」。前回登板した先月30日の巨人戦(ナゴヤドーム)は、わずか3イニングで降板する大乱調。雪辱を期したマウンドだった。

 最大のピンチはいきなりやってきた。1回無死から連打で一、二塁。しかし、冷静だった。「調子の良いスライダーを軸にしていった」。山田哲にはそのスライダーとチェンジアップを多投して中飛。続くバレンティンと畠山にはチェンジアップと直球を決め球に連続三振で切り抜けた。

 4回には左ふくらはぎがけいれんし、ベンチ裏に下がるアクシデントも発生した。しかし、「トレーナーにストレッチをしてもらったら、投げることができるようになった」と涼しい顔。その後も落ち着いた投球でアウトを重ねた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ