トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

小笠原、苦投3勝目 大量援護に助けられた

2018年7月4日 紙面から

阪神−中日 打線の援護に助けられ、5イニング2/3 3失点も3勝目の小笠原=甲子園球場で(小沢徹撮影)

写真

 手にした3勝目に喜びの感情は沸き上がってこなかった。「せっかく点を取ってもらって、リズムをつくらないといけなかったんですけど…」。小笠原は険しい表情で振り返った。

 スッキリしない内容だった。いきなり4点の援護をもらった初回。1死から2番・熊谷にストレートの四球。福留、陽川の連打で1点を失う。後続は打ち取ったが、モヤモヤした立ち上がりに。4回2死二塁ではメッセンジャーに四球を与え直後の糸原に左翼線への適時二塁打を許した。

 さらに6回は2死一塁から代打・大山にストレートの四球。再び糸原に内野安打を許すと、味方の失策も絡んで3失点目。この時点で120球。限界とみたベンチから交代を告げられた。今季最短となる5イニング2/3での降板。悔しさをあらわにしてベンチに引き揚げた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ