トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【ドラニュース】

オール左ローテで虎打線止める 小笠原きょう先陣

2018年7月3日 紙面から

阪神戦へ向け調整する小笠原=ナゴヤ球場で

写真

 左で虎退治−。中日は、3日から始まる阪神3連戦(甲子園)の先発に小笠原慎之介投手(20)、大野雄大投手(29)、笠原祥太郎投手(23)の左腕3人衆が臨む。前半戦最後の9連戦のスタート。サウスポーによる虎狩りローテで弾みをつけたい。

 直近3試合で30得点と勢いに乗る猛虎打線。糸井、福留、新加入のナバーロといった左打者が主軸のオーダーに、左腕3人衆が立ち向かう。

 まず先陣を切るのは小笠原だ。ここまで虎相手に3試合に先発し1勝1敗、防御率1・89と好相性。3日は天候が心配されるが「関係ありません。しっかり腕を振るだけです」と意気込んだ。

 2戦目は大野雄が復権をかける。今季4度目の先発マウンド。過去3度の登板は計12イニングで14失点、防御率10・50と不本意な内容だった。「ここまできたら無心で投げるしかないです」。自らに言い聞かせるように静かに口を開いた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ