トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラ番記者 > 1月17日の記事一覧

ここから本文

【ドラ番記者】

ドラ番記者

2020年1月17日

 ナゴヤ球場でリハビリ組の練習に参加している石岡。昨年8月に右腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けたが、順調に回復し、すでにフリー打撃を行っている。その快音を奏でるバット。持ち歩く際、石岡はいつもビニールに入れている。

 「バットケースだと、(バット同士が)コンコン当たるじゃないですか。それで傷が付くこともありますし。湿気るのを防ぐためでもあります」。実際、湿気を防いでいるかは、分からないという。ただ、「気持ちの問題です。相棒なので」と、バットを大事にする思いの表れだった。

 今季から育成契約となった。後がないという思いは当然ある。「まずは1年間しっかりやれるようにしたい。それでダメなら仕方ない、くらいの気持ちでやります」。支配下復帰へ、豪快な打撃でのアピールは必要不可欠。大事にしているバットもきっと手助けしてくれるのではないか。

(島田明)

 

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ