トップ > 中日スポーツ > ドラゴンズ > ドラ番記者 > 12月25日の記事一覧

ここから本文

【ドラ番記者】

ドラ番記者

2019年12月25日

 今季と昨季は28で、一昨季は20、2016年が28で15年は25。大島にまつわるこの数字は何を示すのか。

 察しのいい読者はお気づきかもしれない。「ボク、毎年何本ぐらいですかね」。答えは今季最多安打のタイトルを獲得した大島の過去5年間の年度別内野安打数だ。

 来季35歳シーズンでも数字に変化はない。今季30盗塁で7年ぶり30個の大台に乗せたことからも、脚力の衰えはみられない。

 「うーん…。体に変化はありますよ。全力出すまでに時間がかかるようになりました」。数年前まではアップからダッシュまですぐ。肩も同様で、キャッチボール数球すませれば遠投できた。

 数字は正直だから、大島はまだまだ元気。ずっと目標に掲げているシーズン200安打の挑戦権はある。打ってる姿、見てみたいなぁ。

(川本光憲)

 

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ