トップ > 中日スポーツ > 編集日誌 > 記事

ここから本文

【編集日誌】

延長11回、鈴木博が筒香に痛打され連勝止まる こんな日もある、外国人野手早め交代も裏目に

2019年5月30日

延長11回、DeNAに勝ち越し点を奪われ肩を落とす鈴木博(手前)と厳しい表情の与田監督(左)=5月29日、ナゴヤドームで(高岡辰伍撮影)

写真

☆…大野雄が初回の1失点だけで力投を続け、自らの81打席ぶりという安打も絡んで同点に。終盤はむしろ押し気味だったDeNA戦。しかし延長11回、鈴木博が2死三塁から筒香に右越え適時打を浴びて、4連勝はなりませんでした。

☆…ここまでリーグ最多の14セーブを挙げているとはいえ、10試合連続で走者を許すなど、決して盤石の投球を続けているわけではない守護神。それでも与田監督は起用法を「長い目で見て」と安易に配置転換はしない考えのようです。

☆…鈴木博の筒香との勝負や、早めにモヤやビシエドを交代させた起用など、この試合に限っては采配が裏目に出た部分もあります。しかし、それも野球の一部。間もなく交流戦も始まります。ひたすら前を向いて戦うだけです。(樹)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ