トップ > 中日スポーツ > 編集日誌 > 記事

ここから本文

【編集日誌】

8番打者に浴びた満塁弾が痛すぎた 大野雄が7失点で連勝ストップ

2019年5月16日

DeNA−中日 6回裏無死満塁、伊藤光(後方左)に満塁本塁打を浴び、厳しい表情の大野雄=横浜スタジアムで(谷沢昇司撮影)

写真

☆…2008年の吉見以来11年ぶりの連続完封という期待がかかった大野雄。しかし3発7失点で自身もチームも連勝ストップとなってしまいました。ロペスの逆転2ランはまだしも、その後8番の伊藤光に浴びた満塁弾が痛すぎました。

☆…14日が雨天中止で、自身初のスライド登板でしたが「普通に投げられていた」と影響を否定した左腕。言い訳はしない、という潔さも感じられました。同時に「反省を次に生かしていきたい」。その言葉を信じましょう。

☆…打っては7回に福田が右翼席へ意地の一発。ビシエドと並んでチームトップの6号。昨年の同時期はことしより出場が多い中で4本塁打だったので、間違いなくステップアップしています。絶好調・高橋とともに、期待は高まります。(樹)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ