トップ > 中日スポーツ > 編集日誌 > 記事

ここから本文

【編集日誌】

星野流の愛情引き継ぐ与田監督 「宝物の選手、スタッフと束に」

2019年1月5日

☆…あれから1年がたちました。星野仙一元監督が突然、旅立ったのが昨年の1月4日。年が明け、球団の年賀式に姿を現した与田剛新監督が「遠慮なく優勝を目指す」と力強く語った後で、プロ入り時の指揮官だった故人に触れました。

☆…「一番教わったのは愛情。常々、選手、ファンに対する愛情をすごく持っていらっしゃった」と思い出を語る与田監督。そして「そういうところはしっかりと引き継いでいきたい」と恩師の教えを自らの戦いにも生かす考えです。

☆…「ユニホームを脱がされるまでははいつくばって、宝物である選手、スタッフと束になって向かっていきたい」。改めて戦う集団を率いる意気込みを口にした与田監督。伝えるわれわれも「束」の一員となりたいと思います。(樹)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ