トップ > 中日スポーツ > 編集日誌 > 記事

ここから本文

【編集日誌】

来季こそ謝罪なき最終戦を 与田監督で新時代へ

2018年10月14日

☆…終わりは始まりの合図でもあります。CSが開幕した日、ドラゴンズの最終戦が行われました。岩瀬と荒木の現役ラストゲームということもありスタンドは満員。試合後、森監督が今年もBクラスに終わったことを詫びました。チームはOBの与田剛さんを新監督に迎え再出発します。もう謝罪は聞きたくありません。ファンはまだこの時期、戦っているドラゴンズを見たいのです。

☆…荒木、岩瀬の引退を惜しむように試合は延長戦となりました。荒木は1番・二塁でフル出場し2安打。岩瀬も9回2死三塁で福留を三振に取り、ピンチをしのぎました。スタンドも涙した引退セレモニーの後は、阪神の福留、藤川、高橋聡も参加しての胴上げ。まずはゆっくり休んで、疲れを癒やしてください。2人にも、これから新たな野球人生が始まるのですから。(誠)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ