トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

パットの基本 10歩の距離感身につけよう

2014年3月13日 紙面から

写真

 今週はパットの打ち方です。初心者はもちろん、パットに自信のある人も「パットくらい打てる」と思わずに、基本を確認してください。新しい発見あるかもしれませんよ。

写真

握り方は自由

 まずスタンスとグリップ(握り)から話しましょうか。スタンスも握りも、これははっきり言って好みで構いません。この「好み」をどこで判断するか。まず、あなたがどっちの手をつかってスイングをするかによります。右手で距離感を出すのか、左手か。大切なのは、どの打ち方が、自分が読んだライン通りになるかということ。その打ち方にあった握りを選ぶことです。

 アイアンやドライバーの延長線上の感覚で打ちたいのならオーバーラッピンググリップがいいでしょうし、傾向として左にひっかけやすい人は、宮里藍ちゃんのようなクロスハンドグリップが有効です。一般的には左手主導で振りたい人は、オーバーラッピング、右手主導が合う人はクロスハンドグリップがいいと思います。スタンスも同様で、構えやすく、楽に引けて、ラインが出しやすいことが条件です。

 ここからが大切。目の位置はボールの真上です。これでボールが転がるラインをイメージしやすくします。両肘は軽く曲げて力を入れない。打ってからゆっくりと目線だけでボールを追ってください。インパクトの瞬間に頭が動く人がたくさんいます。正しいインパクトをするためには、静かに打つこと。体をできるだけ動かさない。そして芯でしっかりと打つことが大切。前傾をフィニッシュまで保つこと、ヘッドアップをしないことはショットと同じです。

写真

距離感の基準

 次に距離感。これがあれば、ラインに乗せることだけに集中できますよね。逆もそうです。ラインがしっかりと見えていれば、あとはカップに届く強さで打つだけ。

 2つとも不安がある人は、どっちにも集中できず、まったく感じの出ないパットになってしまいます。そして実はこの距離感は、プロよりむしろアマチュアゴルファーのほうが能力を要求されているのです。なぜなら、プロはほぼ同じ速さのグリーンでいつも打っていますから。よほどのことがない限り、グリーンの速さを測るスティンプメーターで言えば、10フィートから11フィートの間で収まっています。もちろん速いグリーンなのですが、安定して速ければ、対応はそれほど難しくありません。

 一方でアマチュアゴルファーは、打つコースによって速かったり、重かったり、本当にいろんなタイプに対応していかなければならないですからね。自分の中の基準を持つことがすごく大切になります。

 わたしの場合は10歩を基準にしてました。練習マットやホームコースの速さで打つ10歩を基準に、そのグリーンが速いか重いかを決めてました。いつも同じ力で10歩の距離を打てるように練習していました。この基準がなければ、そもそも速い、重いの判断ができないですから。

 毎日、ちょっとでもいいから10歩の距離を打つ。これを日課にすれば、基準を自分で持てます。

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の37歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で5、6年全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。ツアー通算7勝。

取材協力 京和カントリー倶楽部 愛知県豊田市中立町井ノ向7−1 (電)0565(98)3535

●パッと教えて

 Q:ウッドのチーピンに悩んでいます。ティーアップでも、地面からでも、とにかく左に極端に曲がります。アイアンはちゃんと打てるのに…。何が原因なんでしょうか。 (悩める51歳)

 A:アイアンが打てるのなら、スイングはそれほど直す必要はないと思います。ボールの曲がりはとにかくいろんな要因があり、実際に見ないとわからないのですが、例えば、ボールの位置がいつもよりボール一個分遠ざかったり、左にいったりしただけで曲がります。つまりスイングプレーンからちょっと位置がずれたら曲がるということです。左に曲がるのなら、少し左すぎていませんか? 自分で打ちにいって右肩が少し出ただけで、チーピンが出ます。ウッドは特に左に曲げやすいクラブですから、ボールの位置にはとにかく神経を使ってください。

■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「道具の使い方」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ