トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

アプローチ スイングは丸〜く フィニッシュでクラブは目標の左側に

2014年1月23日 紙面から

 1カ月半にわたってアプローチをレッスンしてきました。これだけ長くやってきたということは、それだけアプローチが、ゴルフ、特にスコアメークで多くのウエートをしめているということです。今週はアプローチの総集編です。おさらいをしましょう。

打ちたい方向にヘッドを出していませんか?

写真

円である大切さ

 わたしのゴルフレッスンの根幹の一つに、「クラブは円運動を描く」というのがあります。クラブヘッドが動く軌跡は、始動からテークバック、切り返し、インパクト、フィニッシュまで、円になります。これがスイングプレーン(クラブヘッドが描く弧)です。これはドライバーからウエッジまでプレーンの大きさが変わっても、円であることは変わりません。ティーショットからアプローチまでも変わりません。

左足に体重かけ

 変えるのはスイングではなく、ボールのポジションだったり、スタンスだったりです。けど、アマチュアゴルファーのみなさんは、特にアプローチショットで頻繁に見かけることが多いのですが、ヘッドを真っすぐに引いて、真っすぐに打とうとしているように見えます。打ちたいところにヘッドを出したくなる気持ちは理解できますが、スイングは円です。クラブヘッドはボールをインパクトしたら、そのまま円運動をして、目標よりも左に動いていかなければなりません。

 もう一つ、アプローチは飛距離を求めるショットではありません。ですからアドレスの段階で、インパクトの形をつくってしまいます。テークバックで腰を回さなくてもいいように、左足を少し開きます。同じように体重移動もしなくていいように、左足に体重をかけます。体を開いて構えるので、その分左にいかないようにクラブフェースを開いて、目標方向に向けます。これがインパクトの形です。後は円を描くように振るのですが、体が開いている分だけ、スイング軌道は自然にアウトサイドから入ります。インパクトの後は、そのまま円を描くようにインサイドに動いていきます。だからフィニッシュでのクラブヘッドは、自分を基準にしたら、目標より左にあります。

 このスイング軌道を、腕を使って無理やり真っすぐ引いて、目標に向かって真っすぐ出そうとすると、ボールはかなりの確率で目標より右にいきます。

写真

スイング確認を

 特にアプローチでボールが目標より右にいく傾向の強い人は、一度スイング軌道を見直すといいでしょう。よくアプローチでは「ボールをカットで打て」と言われますが、あれも厳密に言うと、体を開くから、その分、円の軌道がアウトサイドから入り、「結果的にカットになる」のであって、腕を使って無理やりカットするのではありません。もちろん、状況によって、ロブショットを打ったり、スピンをかけるためにカット軌道で打ったりすることはありますが、ピッチ・エンド・ランなど、アプローチの基本的なスイング軌道はアウトサイドから円を描いてインサイドに抜けていかなければなりません。意識して「しなければならないこと」と、「結果的になってしまうもの」を自分の中で分けて考えるといいですよ。

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の37歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で活躍し、小学校5、6年で全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、愛大在学中の1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。ツアー通算7勝。

取材協力 京和カントリー倶楽部 愛知県豊田市中立町井ノ向7−1 (電)0565(98)3535

●パッと教えて

Q:ラウンド中にシャンクが出た時の応急措置を教えてください。(名古屋市・今年こそ90切り狙う男)

A:シャンクとはクラブのフェースではなく、シャフトのネック部分でボールを打ってしまうことです。アドレスでは、ボールはフェースの真ん中に当たるように構えているはずですから、インパクトの時に、腕が体から離れてしまっているということです。つまりそれだけ極端なインサイドアウトの軌道になっているということです。応急措置としては思い切ってカットに打ってみるといいと思います。もう一つ、左手の小指をいつもより強く握ると、腕が体から離れにくくなります。

■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「道具の使い方」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ