トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

絶対覚えたい!!アプローチの基本技 上げて転がす

2013年12月12日 紙面から

写真

 転がすアプローチの次はピッチ・エンド・ラン(P&R)のアプローチをレッスンします。距離感を合わせることの難しさはありますが、これも応用の利くショットです。

クラブ選択重要

 今週はP&Rです。ボールを上げて、転がす。書いた通りのアプローチ方法です。P&Rのコツは、自分でボールを上げようとせず、クラブに上げさせることです。ランは選択したクラブによってスピン量が変わってくるので、それを頭に入れて振ってください。

 スイングはいつも同じ。スイングはできるかぎりシンプルに考えてください。そうしないと、不安が募ってできることもできなくなります。クラブにボールを上げさせるということは、ある程度ロフトのあるクラブを選ぶということです。ピッチングウエッジ(PW)やピッチングサンド(PS)といったクラブがもっとも適しています。ピンが手前にあってボールを止めたいのならアプローチウエッジ(AW)やサンドウエッジ(SW)という選択もあります。最近はロフト角でウエッジの種類を表します。それでいうと52度から58度の間あたりになります。

技量に合わせて

 もちろん、非常に技術のあるプレーヤーなら同じクラブで上げたり、キュンとスピンをかけたりできますよ。でもゴルフに大切なのは自分の技量にあったマネジメントで、いかに少ない打数で上がるかです。その時の状況に応じてクラブを替え、クラブに仕事をさせたほうが、スコアがよくなる確率は上がるはずです。

 PW(PS)は、まず当てやすいし、ロフトもあるから上げやすいクラブでもあります。すごく緊張した場面や、ちょっと自信がないと思うライなら、これなら打てるというところまで、思い切って短く持ってください。アプローチは飛ばすスイングをするわけじゃないので、どれだけシャフトを短く持ったってOKです。

最後まで前傾

 打ち方は、転がすアプローチと同じ。ボールの位置は真ん中か右寄りがいいでしょう。ハンドファーストに構え、左足体重のアドレスをつくり、フィニッシュまで前傾を維持します。腕というより腹筋(体幹)で打つイメージです。そのつもりで腹筋やへそ下にある丹田に力を入れて振ってください。ヘッドの止める位置も決めてください。腕に力が入りすぎたり、オーバースイングをして、必要以上にボールが飛ばないように、フィニッシュまでしっかりとイメージして振ることがコツです。ライによって、スピンのかかる量が変わるので、ランの距離も変わります。

 また、グリーンによっても、ランは当然変わってきます。どのクラブを持って、どれくらいの力加減で振ると、どれだけのキャリーとランがでるのか。自分の中の基準をつくってください。それを練習から常にイメージをして打つことが大切です。

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の37歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で5、6年全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。ツアー通算7勝。

取材協力 京和カントリー倶楽部 愛知県豊田市中立町井ノ向7−1 (電)0565(98)3535

●パッと教えて

 Q:ラウンド前の有効な練習方法を教えてください。 (茨城県、冬はゴルフをしない男)

 A:ラウンド前は体をほぐすことと、この日の出球を見ることに専念してました。体をほぐすことは特に慎重にやりましたね。1度、朝イチの練習で首を痛めて試合を欠場したという苦い経験をしたことがあります。ストレッチも軽いものからゆっくりして、体のひねりを入れたものまで入念にします。その後に、ゆっくりとスイングをして、この日の調子を確認します。最後にドライバー、パターを打って終わります。

■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「道具の使い方」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ