トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

アプローチは正確が一番 ロブショットだけは均等体重配分が大切

2013年11月28日 紙面から

 今週からしばらくは、アプローチについてレッスンします。アプローチの重要性については、もう言わずもがなですよね。ショットではある程度曲がってもまとめられますが、アプローチではまず正確性がすべてを優先します。確率と正確性がアプローチのキモ。まずは基本から教えます。

慎重に

 プロはピンに近づいていくほど緊張し、アマチュアはドライバーが打てると緊張がゆるむとよく言われるます。それほどプロはアプローチやパットに対して緊張感を持ち、細心の注意を払います。

 アプローチはスコアに直結するからです。もちろんドライバーをいい加減に打つわけではありません。ただ自分の中での許容範囲が、ショットとアプローチではまったく違うのです。ショットはあの辺りに落として、ランはだいたいこれくらいという感じでもいいですし、ピンポイントで狙うようなシーンはあまりありません。一方、アプローチはボールの落としどころ、球の回転、転がり、カップに入っていくまでのイメージを明確にして打ちます。

(1)スタンスは狭く肩幅以下(2)左足に体重(3)体は開く(4)フェースは狙う方向に

写真

 アプローチでも、大切なのはアドレスです。基本をまず言うと、体重は左足にかけます。体は開いたほうが打ちやすいでしょう。体を開くということは肩も同じように開きます。体が開いたラインにそって、スイングをします。クラブフェースは落としたい場所に向けます。つまりフェースが開いた状態で、インパクトするということです。

テークバックから切り返しまで体重移動しない!!

写真

基本○

 体の向きを左方向に変えることによって、結果的にボールに対しては、クラブヘッドはアウトサイドにインパクトすることになります。左足体重にするのは、インパクトの体勢をアドレスでつくるためです。だからテークバックから切り返してインパクトまで、体重移動はまったくしません。体重移動をしては、左足体重にしている意味がなくなりますからね。

 体を開くのは、これもインパクトの体勢をつくって、クラブの通り道を空ける狙いがあります。そしてこの体勢を取ることで、フェースが開き、左に引っかけることなく目標に向かってボールが飛んでいくようになります。

 左足体重とボールを右足寄りにするのはアプローチの基本。でも、コースに出ると、これが意外にできていない人が多いのです。左右均等、あるいは右足に体重が乗ってしまっている人までいます。これではボールは寄ってくれません。ただし例外があります。ロブショットです。このショットだけは左右均等の体重配分で、ボールを左足寄りにして打ちます。非常に高難度のこのショットの打ち方は、また後ほどレッスンしましょう。 (毎週木曜日掲載)

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の37歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で活躍し、小学校5、6年で全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、愛大在学中の1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。ツアー通算7勝。

取材協力 京和カントリー倶楽部 愛知県豊田市中立町井ノ向7−1 (電)0565(98)3535

●パッと教えて

 Q:コックを入れろと本にありました。コックを入れると、何がどうなるのですか? (愛知県岡崎市、A・M)

 A:コックは飛ばなかったクラブでゴルフをしていたころの名残だと思います。シャフトもしならず、ヘッドも重くて、飛ばない。そんなクラブで飛ばそうと思ったら、トップでクラブを左親指に乗せ、ためをつくって、腕をしならせて大きく振るしかなかったのです。道具が進化した今日、コックはあまり意識しなくてもいいと思います。道具がちゃんとボールを遠くへ運んでくれます。もちろん、入っていても構いません。ためのできた美しいスイングですから。意識しなくても、コックは自然に多少入ります。まったくコックを入れずにスイングはできませんから。難しいことはそれくらいにとどめておいて、ゴルフを大いに楽しんでください。

■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「道具の使い方」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ