トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

アドレス決めてドローを打つ インパクトで手首は絶対に返さない!!

2013年11月21日 紙面から

 ボールはアドレスとボールの位置で曲げるのであって、スイングで曲げるのではないということを先週、書きました。今週はその具体的なレッスンです。ボールを意識して曲げるのは、なかなか大変。でもできたら、相当満足度、高いです。

(1)スタンスは右向き(2)左足は右足より少し前に(3)あまりハンドファーストに構えない(4)インパクトでヘッドがグリップを追い越すイメージで振る

写真

曲がりすぎ注意

 フックボールの打ち方からレッスンしましょうか。理想的なフックボールは、落としたい地点より右に出て、左に曲がりながら狙ったポイントに落ちていくボールです。プロはこれを狙って打ちます。いわゆるドローボールですね。これが構えたラインよりさらに右に出て左に曲がるのは、インサイドにヘッドが入りすぎている証拠。曲がりが大きく、コントロールができません、逆に左に出てさらに急激に左に曲がりながら落ちていくボールをチーピンとかダックフックといって、OBに直結する危険なボールです。この理由の多くはインパクトで手をこねることによって出ます。ボールに回転をかけたいからといって、インパクトで手首を返す動きが入ると、チーピンがでます。

クラブ走らせる

 プロが打つドローボールは、手ではなく、アドレスとスイングで決めるのです。まず、ドローボールというのは、インパクトの前にヘッドがグリップを追い越していなければなりません。つまりヘッドの位置が、手より前にあるために、少しフェースが閉じてボールをインパクトします。これをいわゆるつかまったボールといいます。インパクトより前でヘッドを走らせるイメージです。これを意識してください。ドライバーならティーもいつもより高くすれば、アッパーブローが強くなって、さらにつかまったドローが打ちやすくなります。

肩のラインも右

 次にスタンス。ボールを落とす場所より右に打ち出すのだから、当然、スタンスも右を向きます。さらに左足を右足より少し前にします。このスタンスにすることによって、右肩が前に出にくくもなります。これで体を開くことなく、ボールをインパクトできる準備ができました。

 さらにインパクトの時にクラブヘッドを走らせるため、あまりハンドファーストには構えないでください。ハンドファーストの構えでは、インパクトでクラブがグリップを追い越すことができません。

 右肩と左肩を結ぶラインも、落としたい地点より右を向きます。このラインを打ち出したい方向に合わせるということが、すごく大切なのです。特に練習場と違って、体の向きが確認しにくいコースでは、思っている方向とまったく違う方向に構えてしまうゴルファーが本当に多いのです。これはシビアにチェックしてください。さあ準備ができました。あとはいつものように振るだけ。力を抜いて、よどみなく最後まで振り切る。

フェードはオープンスタンスにして、下半身主導で振るイメージをしっかりもって振り切ろう

写真

フェードは逆に

 フェードはその逆です。ドライバーならボールはいつものように左かかとの延長線上です。ティーは違和感なく打てる程度でいいので低くしてください。オープンスタンスにして、下半身主導で振る。頭の中でイメージを持って、振り切ってください。

 真っすぐ出て、直角に右に曲がってしまうようなボールは、上半身でボールを迎えにいって、体が開いた状態で、鋭角に振り下ろすため、ボールがフェースを滑って曲がるのです。そういう球が出る人は、フラットに、上半身の開きを抑えて振ってみてください。

 スイングは1つ。アドレスでボールを曲げる。これを頭にたたき込んで、試行錯誤するうちに、自分がどっちのボールを打ちやすいのかが、だんだんわかってきます。これが持ち球です。これを磨いていけば、ゴルフは飛躍的に上達します。

 (毎週木曜日掲載)

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の37歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で活躍し、小学校5、6年で全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、愛大在学中の1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。ツアー通算7勝。

 取材協力 京和カントリー倶楽部 愛知県豊田市中立町井ノ向7−1 (電)0565(98)3535

 ◆ダックフックとチーピン ダックフックはボールが左に出て、さらに急激に落下しながら左に激しく曲がっていくボール。あひるの脚のように飛距離が出ないボールという意味から名付けられた。チーピンは日本国内でしか通用しない隠語。マージャンパイの「チーピン」のような弾道を描くことから、言われ出した。

●パッと教えて

 Q:初心者です。練習場でしかボールを打ったことがないのですが、スライスしか出ません。真っすぐに出て、直角に右に曲がっていきます。何とかしてください。 (愛知県名古屋市、学生)

 A:曲がる原因は、上記のように無数にあります。もちろんスイングだけじゃありません。シャフト、構え、ボールの置き場所などなど。そして往々にして、初心者はそれらの原因を複数持っています。ボールを曲げたいのなら、上記の「ゴルフの素」をぜひ、参考にしてください。ひどいスライスを直すためには、その原因の洗い出しが必要です。上級者に見てもらったり、レッスンに通って、基礎を徹底的に覚えるのがいいと思います。自分のゴルフを磨くためには、まず基礎あってのことです。初心者が1人で悩んでも、なかなか上達には結びつきませんよ。

■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「道具の使い方」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ