トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

ミケルソンでも松山だって3番ウッド使ってる ドライバーだけがティーショットじゃない

2013年8月15日 紙面から

自信のあるクラブでフェアウエーに確実に置く。ロングアイアンが難しければ、5番ウッドや7番ウッドでもかまわない

写真

大たたきはもったいない

 大事なティーショットをもっと大切にしませんか? 実はスコアがなかなか伸びない人に限って、ドライバーの飛距離にこだわったり、「男はやっぱりドライバー」なんて見栄を張ったり。でも最近の3番ウッドの進化は、驚異的。古い常識、そろそろ捨てましょう。

進化するクラブ

 ちょっと古い話になりますが、7月にスコットランドのミュアフィールドで開催された全英オープンを見た方、いらっしゃると思います。「このコースには必要ない」と言って、フィル・ミケルソンはキャディーバッグからドライバーを抜いてしまいました。日本の松山英樹もそう。ティーショットでドライバーを打ったシーン、何度あったでしょうか。その結果、ミケルソンは優勝。松山も堂々のトップ10入りです。

 本気でスコアを縮めたいと願うなら、ドライバーにはこだわらないでください。ユーティリティーを含めた最近のウッド系クラブの進化は、目覚ましいものがあります。ドライバーなみに飛んで、しかも打ちやすいクラブがどんどん開発されています。それを生かせば、もっと楽にゴルフができるはず。無理にドライバーを打って大たたきをするよりも、難しいコースならボギーを狙って打つ。そのために逆算して、ティーショットの番手を決める。これがコースマネジメントの第一歩です。

 ドライバーはプロでも曲がりやすいクラブ。飛距離は落ちてもいいから、確実にフェアウエーを捉えることは、むしろアマチュアゴルファーがコースマネジメントをする上で大切だと思いませんか。すべてのホールでボギーを打っても、スコアは90です。恥ずかしがらずウッドやユーティリティーを持ってください。3番ウッドに自信がなければ5番でも7番ウッドでも、アイアンでも構いません。わたしはそんなゴルファー、かっこいいと思います。

飛ばしだけダメ

写真

 気を付けたいポイントはもう1つ。持ったクラブの特性を知ることです。例えばウッドを握るとします。一番やってはいけないのは、OBです。みなさん経験があると思いますが、こういう場面でOBを打ってしまうと、ダメージが大きすぎて、その日のゴルフの流れが台無しになります。短い番手を選択したら、何が何でもフェアウエーに置きたい。ウッド系クラブの特性は、ドライバーに比べて重心距離もシャフトも短いため、左へ引っかけやすいことです。特に力むとチーピンも出ます。極端に言うと、フェードを打つようなイメージで、スタンスを取り、ゆっくりと振ってやる。

 さらにロングアイアンを選択するのなら、今度はスライスのミスをしやすくなります。真っすぐ打ってドロー回転になるようなイメージでスタンスを取り、振る。どんなミスがでやすく、そのリスクをどう管理するかも、ゴルフでは必要です。飛ばしだけがゴルフではありません。

 (毎週木曜日掲載)

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の37歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で活躍し、小学校5、6年で全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、愛大在学中の1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。ツアー通算7勝。

取材協力 京和カントリー倶楽部 愛知県豊田市中立町井ノ向7−1 (電)0565(98)3535

●パッと教えて

 Q:暑い夏のゴルフ。昼食時に我慢しきれず、ついビールをぐびぐびいってしまいます。米山さんは、プレー中にそんなこと、しないですよね。 (横浜市・へんなおじさん)

 A:はい、しません(笑い)。プロはビールどころか、食事も長く座ってはしません。バナナやゼリーなどごく軽いものをお腹にいれる程度です。試合なので、さすがにアルコールはとりません。ただ、ゴルフを楽しんでいるわけですから。ビール、いいと思います。ビールを飲んで、周りの景色を楽しむのも、ゴルフ。ただ飲みすぎはいけません。ゴルフはスポーツですから。それと運転をするならアルコールは我慢してください。飲酒運転はもってのほかです。

 ■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「道具の使い方」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ