トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

ティーグラウンドからよ〜く観察 計算次第でショットは激変

2013年8月1日 紙面から

 今週もティーショットの準備について、練習していきましょう。ティーショットは唯一、自分で場所を決められるショットです。しかも地面から打たなくてもいいショットでもあります。このアドバンテージをもっと有効に生かしましょう。

ライは特に注意

写真

 ティーインググラウンドには微妙なアンジュレーションがあると先週書きました。それに気をつけてクラブを振ってください。大まかにいうと、つま先下がりのライではスライスが、つま先上がりではフックが、左足下がりではスライスが、左足上がりではフックが出やすくなります。もちろんその複合のライもあります。

 ティーインググラウンドですから、フェアウエーのように極端な場合はありませんが、それでも長いシャフトを振るのですから、ライには神経質になってください。それと風です。

無風は少ない

 ティーインググラウンドに吹く風、そしてフェアウエーで吹く風。地形によって風の吹き方はまったく異なります。ゴルフは、重さ1.62オンス(約46グラム)、直径わずか1.68インチ(42ミリ)の小さなボールを狙ったところに打つ競技。そんな小さくて軽いボールが、風の影響を受けないわけがありません。

 雲の流れを見て、大まかな強さを知り、芝を少しちぎったり、木の枝の揺れかたを見て、ティーインググラウンドやフェアウエーの風の方向と強さを確認してください。無風の場合のほうが少ないと思ったほうがいいです。つま先下がりのライで、風が左から吹いていたら、ボールはさらにスライスします。その計算がどれだけできるかで、ナイスショットとミスショットに分かれます。

 ここまでやって、初めてボールの置く位置が決まります。自分でボールの位置を決められるのだから、慎重に、そしてあらゆるものを観察してください。

アイアンでも

 もう一つ。ティーショットは、無理してドライバーを打つ必要はありません。打てなければ迷うことなく下の番手のウッドや、時にはアイアンを持ってください。

 男子プロの松山英樹はアイアンをよく手にします。もちろんミドルホールですよ。ロングホールでも、ちょっとでも不安材料があるのなら、ドライバーを持たなければいいのです。3番ウッドできちんと打てば、3オンは十分できます。ティーインググラウンドで打つのがティーショット。ドライバーで打つという決まりはありません。このレッスンはこれからくわしくやります。お楽しみに。

 ◆ライ ボールのある状態を言う。芝の上にある状態がもっともよく、その場合「ライがいい」と表現する。ボールが深いラフに潜り込んでいたり、傾斜地にあったり、ディボット(スイングで芝がめくれてしまったところ)に入っていたりすると「ライが悪い」と表現する。

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の37歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で活躍し、小学校5、6年で全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、愛大在学中の1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。ツアー通算7勝。

取材協力 京和カントリー倶楽部 愛知県豊田市中立町井ノ向7−1 (電)0565(98)3535

●パッと教えて

Q:雨の日対策を教えてください。ツアーで戦っているころの米山さんは、どんな雨対策をしていたのでしょうか。 (茨城県・悩める中年男)

A:傘をさしたり、タオルで拭いたり、カッパを着たりと、雨の日は普段よりやることが多いので、どうしても忙しくなります。そんな時はスイングまでもが早くなってしまうことが多いので、意識的にゆっくりと振ることを心掛けました。アイアンのフェースもこまめに拭きました。フェースに水滴があると、インパクトで溝がボールをかんでくれなくて滑ってしまいます。もうひとつ、暑くなくても発汗はしています。こまめに水分を取ることも忘れないでください。

■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「道具の使い方」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ