トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

ボールとの距離は近すぎず遠すぎず

2013年6月13日 紙面から

 今週はボールとの距離です。ボールの位置の基準をかかとにしてくださいという話を先週しました。では、ボールとの距離は、どうすればいいのかをレッスンします。さて、何が基準になるかというと。

写真

自分で探す

 ボールと体の距離は近づきすぎてもいけないし、離れすぎても打てません。ほどよい距離を、どうつくればいいのでしょうか。

 実はこのほどよい距離というのは、個人差があるのです。なぜかというと、距離はグリップや持ち球などとも密接に関係しているからです。グリップのレッスンで、わたしは「正しいグリップというものはありません。あるのは、自分に合うグリップか合わないグリップか」と説明しました。それをもっと詳しく話すと、フェード系のボールを持ち球にしたいなら、左親指はグリップにしっかりと押しつける方がフェースが返りにくくなってフェードを打ちやすくなります。これを専門用語ではロングサムと言います。この打ち方だと、左の手首にも角度がつきやすい。つまり、ボールとの距離も近くなりやすいのです。

 逆にドローで勝負したい人は、左手のグリップをストロング気味にし、親指の腹を軽くつけるくらいにした方が打ちやすいのです。このグリップをショートサムと専門的には言います。この握りだと、グリップ(左右の手)が前に出て、ボールとの距離は少し遠くなります。「どんなボールを打ちたいか」によって、グリップが決まり、ボールとの適正な距離が決まってくるということです。

写真

腕の出すぎ注意

 もちろん、程度の問題はあります。アドレスで脇が空くほど腕が前に出てたら、ボールを正しくヒットすることはできません。腕が前に出すぎている人、多いですよ。たぶん、アイアンのソール面をべったりと地面につけなくちゃいけないと思っているんでしょうね。ドライバーやアイアンはスイングすると、インパクト時にしなって先(トゥ)がわずかに落ちます。これをトゥダウンといいます。だからアドレス時にはソールのトゥ側は少し地面から浮いて角度がついていなければなりません。

 また、逆に両手を下げすぎても、打ちにくくなります。

 基本の姿勢は、まず前傾し、ひざを少し曲げてアドレスの体勢をつくり、そこから腕を自然に垂らして、少しボール寄りでグリップできるところが、一般的なボールとの適正な距離です。これを基準に、自分にとって振りやすい距離を見つけてください。あくまで近すぎず、遠すぎず。その感覚は練習で身に付けてください。大切なのは、「どんな球をあなたは打ちたいのか」です。それによって、あなたにあったグリップとボールの距離が決まってきますから。

 ◆サム 親指のこと。ゴルフにおいて親指は重要な役割を持っている。特にグリップでは左親指を立てるように、腹だけで握るショートサムと、第2関節から上をつけるようにして握るロングサムの2種類がある。最近では多くのゴルファーがストロンググリップで握る傾向があるため、ショートサムが主流。石川遼、池田勇太らほとんどの選手がショートサムで握る。

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の37歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で5、6年全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。ツアー通算7勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。

取材協力 京和カントリー倶楽部 愛知県豊田市中立町井ノ向7−1 (電)0565(98)3535

●パッと教えて

Q:バンカーが苦手です。入るだけで緊張して、うまく打てません。バンカーを得意にする方法ありますか? (静岡県森町N)

A:読者からのお便りの中で、圧倒的に多いのがNさんのような「バンカーからの脱出方法を教えて」というものです。バンカーからのショットの打ち方、確かに簡単ではありません。ただしコツがわかればちゃんと脱出できます。ただ、この質問コーナーで書けるほど簡単ではありません。秋から冬にかけて、じっくりとバンカーの打ち方、レッスンしますので、少しお待ちください。でもせっかくだからちょっとだけヒントを書きます。(1)バンカーショットはバンスを使え(2)ダフれ(3)思い切り振れ−です。特に大切なのは(1)のバンス。これを使えれば楽になります。じっくりと秋からレッスンします。お楽しみに。

■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「即効!!レッスン」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ