トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

足の向き 微妙な方向性が大切!!

2013年5月30日 紙面から

 今週のレッスンは、足の向きです。足の向きに合わせ、膝の向き、腰の向き、肩の向きも合わせましょう。ぜひ、ラウンドの参考にしてください。

 足の向き、みなさんはどう気を使っていますか? 打ち出したい方向に、左右のつま先を結んだラインを向けることだと思っている方、多いと思います。間違ってはいないけど、満点の解答ではありません。正解は「左右のかかとを結んだラインを、打ち出したい方向に向ける」です。

写真

 なぜ、つま先ではなく、目で確認しにくいかかとなのかを説明します。まず、つま先、特に左のつま先は、打ちたい弾道によって動かさなければならないからです。たとえば、フェードをかけたい時、左のつま先はいつもより開きます。ストレートボールを打ちたい時、左右のつま先は少し開く逆ハの字になります。ドローボールは、左つま先をまっすぐにした方が打ちやすいのです。左のつま先を動かせば、当然、左右のつま先を結んだラインも方向が変わります。わずかな方向性の違いですが、これが重要。

2メートルの棒で確認

アライメントの確認は長い棒をかかとにあててする。長い棒がなければドライバーでもいい

写真

 ゴルフはボールを狙ったところに打つゲーム。ティーグラウンドのわずかな誤差が、100ヤード先ではとんでもない差となるのです。これに対して、かかとはつま先がどんなに動こうと、変わりませんよね。だから左右のかかとを結んだラインがアライメント(体の向き)にとって大事になるのです。

 アライメントを確認するための2メートルほどの長さの棒ありますよね。プロでも、方向を確認したい時、練習で使います。これもつま先の前に置く人がいます。それでも悪くないのですが、かかとに置いた方がより効果的です。

 そしてこの決めたラインを絶対に変えないこと。スイング前のルーティンで、よく足踏みをする人がいます。足踏み自体は悪いことではありません。自分のリズムで打つための大切な決めごとですし、スイングに入る直前まで、体が固まらないようにする効果もあります。でも、足踏みをしているうちに、かかとのラインが戻ってしまう人がたくさんいます。スタンスには必ずクセがあります。かかとのラインは目で確認しにくいし、たいていの人は無意識に、打ちたい弾道のスタンスではなく、いつもの自分にとって最も自然で気持ちのいいスタンスに戻してしまうのです。打つことに夢中になって、足の位置にまで意識が向かないのでしょうね。

 だから、踏んでいるうちに向いてる方向と足のラインが変わってしまって、とんでもない結果になってしまうのです。かかとでラインを決め、数回足踏みをしてもいいから、絶対にそのラインを変えない。正しいアライメントを身につけるために、守ってください。

 ◆フェードボールとドローボール 右打ちの場合、出球は左に出て、右に曲がりながら落ちていくのがフェードボール。右に出て、左に曲がりながら落ちていくのがドローボール。同じボールの回転でも真っすぐ出て、左に曲がっていくのがフックボール。真っすぐ出て右に曲がっていくのがスライス。左打ちの場合はそれが逆になる。一般的にフェードボールはコントロールがしやすく、ドローボールは飛距離が出るといわれている。

 ◆アライメント 構えた時の体の向き。ゴルフで最も大切で、しかも奥が深い。どんなにいいスイングをしても、アライメントが間違っていたら、狙ったところにボールはいかない。打ち出したい方向に体の向きを合わせることが、ラウンドでの「はじめの一歩」だ。

 ◆お知らせ 所属のヨネックスが主催する「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」が6月7日から3日間、新潟県長岡市のヨネックスカントリークラブで開催されます。わたしもBSジャパンで放送される予選、決勝の解説をします。もしよかったらテレビ、見てください。

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の37歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で5、6年全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。ツアー通算7勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。

取材協力 京和カントリー倶楽部 愛知県豊田市中立町井ノ向7-1 (電)0565(98)3535

●パッと教えて

Q:出だしのホールが極端に苦手です。スタートから3ホール、昼食後のスタートから3ホールで、必ずたたいてしまいます。克服する方法、ありますか? (S・O)

A:誰だって、スタートホールは緊張します。プロもアマも同じです。まずそれを受け入れること。そして失敗するリスクを常に計算しながらゴルフをすること。プロは常にリスクを考えながら(ミスすることを考えながら)プレーしますが、多くのアマチュアゴルファーは、成功することだけを考えてプレーしているように思えるのです。だから、失敗したときのダメージが大きいのです。ゴルフはミスをするものなのです。そこでがっかりすると、さらにリズムが悪くなって、スコアを落とします。ゴルフはミスをするスポーツ、ミスを受け入れる(想定する)スポーツだと思ってください。

■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「即効!!レッスン」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ