トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

右肩下がってますか?平行なら体の軸がゆがんでいるかも

2013年5月9日 紙面から

 今週のゴルフレッスンは肩の位置です。肩の位置、大切です。しかも勘違いしている人、けっこういますよ。これが矯正できたら、スイングもずいぶんと違ってきます。

写真

左右で違う

 人はリラックスして立った状態では、左右の肩の位置は同じ高さにありますよね。この常識にとらわれて、ゴルフのアドレスまで両肩の高さがそろっているゴルファー、見かけませんか? これ実は大きな勘違いです。肩の高さは左右で違います。

 その理屈を今から説明します。両肩の高さはシャフトを握る位置に関係しています。シャフトをいつも振るように握ってください。右打ちの場合、左手がグリップエンドに近く、右手がヘッドに近い位置を握っていますよね。この握っている場所の違いが、そのまま肩の高さの差になります。つまり、クラブを握って、前傾したら人間の構造上、より遠くを握る右肩が左より低くなっていなければなりません。全身を映せる鏡があったら自分で確認してください。友人に見てもらっても構いません。構えたとき、右肩がちゃんと落ちていますか? これが自然な構えです。

 もし平行だったら、軸がゆがんでいるか、左ひざを高さの分だけ曲げているかどちらかです。体の軸がゆがんだら、いいスイングができません。ダフリやトップの原因は案外、こういうところにあるものなのです。左右で同じ高さの人は、アドレスでは右を意識して落としてください。

後ろも調べる

 鏡を見たついでに、いろいろチェックしましょう。まず正面を向いて鏡に映して肩の高さをチェック。今度は後ろを映して、体の向きをチェックしてください。

 まっすぐ向いているつもりなのに右を向いてしまっている人、左を知らず知らずのうちに向いてしまっている人、多いです。真後ろを映しているのに、なぜか右腕に重なって見えないはずの左腕が見えてしまっている人、逆に前から鏡を映しているのに、左腕と重なって見えないはずの右腕が見えている人や胸が見えたりしてませんか? 

動きを知ろう

 ゴルフはできる限り、打ち出したい方向に対してスクエアに構えたい。スタンスをクローズにしたり、オープンにしたり、打ちたい弾道によって変えます、肩もその打ち出したい方向に対してスクエアにしたほうがいいのです。これが知らず知らずのうちに肩のラインが打ち出したい方向に向かってオープンだったり、クローズドだったりすることがあります。それを鏡に映した肩の位置で矯正してください。

 右肩を落としてアドレス、そのまま体をその場で回転させていってトップ。トップの位置では前傾している分、右肩と左肩がほぼ平行になります。そこから少しずつ右肩が落ちてインパクト。ここでも右肩は落ちていなければなりません。フィニッシュまで前傾を保てれば右肩は最後まで左肩より低い位置にあります。最初はクラブを握らなくても結構です。ゆっくりと体の動きだけを鏡やガラスなどで確認してください。自分の動きを知ること、大切です。

 ◆アウトとイン ゴルフ場は通常18ホールからなっている。1番から9番をアウト、10番から18番をインを呼ぶ。かつての古いリンクスコースでは、アウトはクラブハウスを出て(アウトして)、コースでプレーし、インで折り返して、クラブハウスに戻る(インする)というのが語源とされている。

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の36歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で5、6年全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。ツアー通算7勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。

取材協力 ゴルフヴィラ ローラン 愛知県豊橋市下地町字前田4−1 (電)0532(52)8021

●パッと教えて

Q:必ず1ラウンドに1回は大たたきをしてしまいます。すごくいいペースでラウンドしてても、どこかでトリプルボギーとかダブルパーを打ってしまいます。大たたきをなくす方法ってありますか。 (I・J)

A:大たたきは、スイングに原因があるのではなく、不用意なプレーや無理なプレーに原因があります。それを自分に許してしまう「心」に原因があります。プロゴルファーは絶対に無理をしません。いちかばちかのプレーは、優勝がかかったようなギリギリの局面でない限り、選択しません。ライが悪い場所で、フルスイングしたりしてませんか? 練習場と異なり、自然を相手にするコースでは、状況が一打一打変わります。自分が確実にできるプレーをする。失敗しそうなプレーは選択しない。それを常に肝に銘じて、ラウンドしてください。

■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「即効!!レッスン」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ