トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > コラム・米山みどりのゴルフの素一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 米山みどりのゴルフの素】

肘じゃない!しっかり脇を締める 力を入れる支点近づけよう

2013年5月2日 紙面から

どの競技も同じ

トップからインパクトにかけてフェースが描くプレーン、肘のプレーン、手首のプレーンはすべて同じ形で、同じ間隔でなければならない。脇が締まったスイングなら、それができる。これが再現性の高いスイングにつながる

写真

 スポーツの動きの中で、脇を空けていいという動きは存在しないといっていいでしょう。運動の基本中の基本とも言うべきランニングしかり、格闘技でいえば相撲やボクシング。ボールゲームでいえばサッカー、野球、そしてゴルフも例外ではありません。バレーボールのトスで、一流選手の脇は空いてませんよね。スパイクでもインパクトで脇が空くということはありません。

 腕相撲を思い浮かべてください。支点(この場合は肘)が遠くにあればあるほど、力を出しにくくなりますよね。脇を締めて、支点の肘を近づけると、それだけで力をより効率よく出すことができます。ゴルフもこの腕相撲と同じです。脇を締めてスイングすることが、基本です。

 アドレスからテークバック、切り返し、そしてインパクトまで、脇はつねに締まっていなければなりません。これができないと、手打ちになり、スイングに再現性がなくなります。クラブフェースがスイングプレーンからはずれる、だふる、トップする、飛ばないという悲惨な連鎖に陥ります。

 さて、ここで問題になるのが、脇の締め方です。アマチュアゴルファーの方に「脇を締めてください」とアドバイスをすると、みなさん、肘を脇腹にくっつけてしまいます。これ、大きな誤解です。

 脇を締めるんじゃなく、肘を締めてしまっているんです。肘を締めたまま無理やりスイングをしようとするから、動く範囲が肘から下しかなくなり、スイングアークが極端に小さくなり、とんでもない動きになってしまうのです。

この一点が締まっていれば理想のスイングができます

写真

 もう一度、言います。締めるのは「脇」です。この一点が締まっていればいいのです。アドレスでは、前傾して肘を脱力して下ろします。その下ろしたところから、肘を少しだけ体から離してください。この体と肘の位置関係はインパクトまでほぼ変えません。脇さえ締まっていれば、意識しなくても変わらないのです。

円の軌道が大切

 スイングプレーンという言葉を聞いたことがあると思います。アドレスからトップ、インパクト、フィニッシュまでのフェースの軌道が、スイングプレーンです。このプレーンを円の動きにするためには、肘や手首も同じ形の円を描かなくてはなりません。もちろんそれぞれプレーンの大きさは変わりますが。プレーンはクラブフェースだけじゃなく、肘や手首にもあると思ってください。ここがプレーンからはずれると、体との位置関係が変わるということです。ハンドアップ(アドレスで腕を高く構えること)で構えているのに、トップがすごく低くなってしまっている人や、ハンドダウン(腕の位置を低く構えること)に構えて、トップがすごく高く伸び上がってしまうという人、よく見かけます。プレーンから腕の動きもフェースもはずれてしまっているんです。

トップでは下に

 トップの位置では肘は下を向きます。ここでも体と肘の間隔は変えません。ただし肘の高さは肩のあたりまで上がっています。そこからダウンスイングに入り、インパクトで腕はアドレスの位置に戻ります。右脇をしめたままフォローに入ってフィニッシュ。インパクトからは左脇は解放しますが、右脇を締める感覚を最後まで保ってください。

 米山みどり(よねやま・みどり) 1976(昭和51)年5月9日、愛知県豊橋市出身の36歳。160センチ、58キロ。小学校では剣道で5、6年全国大会優勝。ゴルフは13歳から始め、1995年に日本女子アマで優勝。愛大を中退し、1998年にプロテスト合格。1999年のフジサンケイレディスクラシックで初優勝。ツアー通算7勝。引退した2011年シーズンまで13年間シードを確保した。

 取材協力 ゴルフヴィラ ローラン 愛知県豊橋市下地町字前田4−1 (電)0532(52)8021

●パッと教えて

Q:どうしてもコースに出ると緊張して力が入ってしまいます。力の抜き方を教えてください。 (S・K)

A:力をコントロールする練習をしていますか?練習場で気持ちのいいスイングばかりしていませんか?練習場でナイスショットが打てるのは、ある意味で当たり前です。それに満足しているとコースではとんでもないことになります。まず、コースには力んでしまう要素がたくさんあることを自覚してください。方向性のわな、ライ、風景、同伴者の視線、風、天候など、どうしたって力が入ってしまうものです。5分割の2なら2の力で、アドレスからフィニッシュまで振り切る練習をしてください。力が入りすぎたり、ゆるんだりすることなく、最後まで振り切る練習です。

■みなさんの質問を募集しています。「飛ばない」「スライスしてしまう」「だふる」「砂を見るのもいや」などなど。米山みどりさんがプロで培ったノウハウで、あなたの悩みを解決します。メールアドレスはspo-golf@chunichi.co.jp FAXは052-231-0628

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「即効!!レッスン」と「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ