トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > コラム・撃戦記一覧 > 記事

ここから本文

【コラム 撃戦記】

勢いのある拓真優位 拳四朗の防衛も堅い

2018年12月30日 紙面から

 トリプル世界戦で注目度ナンバーワンは、井上拓とサラパットのWBCバンタム級暫定王座決定戦だろう。WBAの同級王者で“怪物”井上尚弥の弟の井上拓が勝てば、同階級で初めての兄弟王者となる。下馬評は、攻撃力がパワーアップした井上拓が優位とみる。サラパットはムエタイからの転向だが、キャリアはローカル王者止まり。48戦全勝(33KO)と経験豊富で、KO率も高くて侮れないが、井上拓の勢いが勝りそうだ。

 メインイベントのWBOスーパーフェザー級は王者・伊藤のKO強打に期待したいが、チュプラコフは首が太く、体は頑丈で打たれ強そう。伊藤も、チュプラコフも、米国で練習し、本場の倒すボクシングを意識している。冗舌で明るい伊藤のボクシングセンスを買いたい。

 WBCライトフライ級は、王者拳四朗のV5が堅い。軽量級で巧さ、強さ、華麗さで魅了する選手。人気がもっと出てもいい。実力に見合ったパフォーマンスを今回も期待したい。 (格闘技評論家)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ