トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 田村尚之のロジカルゴルフ一覧 > 記事

ここから本文

【田村尚之のロジカルゴルフ】

ヘッドアップ防げ 斜面に垂直に構えて手前攻める

2018年2月15日 紙面から

見渡せるがゆえにミスしやすい・・・目前のボールに集中!

 今週は打ち下ろしのホールです。打ち上げに比べて、難易度が低いと思われがちの打ち下ろしにも、気を付けなければいけないポイントはいくつかあります。余分な情報をあえて消して、目の前のことに集中することが、打ち下ろしでは必要です。

 (取材・構成 青山卓司)

構え気を付ける

打ち下ろしのホールのティーショット。視界が広がることが、ミスを呼び込む

写真

 千葉県市原市にある森永高滝カントリー倶楽部には18ホールのほかに練習用のエキストラホールが、4ホールあります。その1番目のホールが400ヤードほどの打ち下ろしになっています。

 打ち下ろしは確かに打ち上げに比べると、ある程度、ミスをしても飛距離は出ます。テンプラしても、トップをしても下っている分、ボールが転がってくれますから。ただし、気を付けたいのは、「構え」です。実は打ち下ろしのホールというのは、視野が広くなって、コースを見渡しやすいのです。ホールによってはグリーンまで視野に入ってくることがあります。そうなると、プレーヤーは無意識にボールのゆくえをいつも以上に追ってしまうのです。目で追うということは、つまり頭が動くということ。ヘッドアップがしやすくなるということになります。

 最近では「打ち終わっても頭を残せ」とまでは教えていませんが、早すぎるヘッドアップはミスにつながります。体が起きて、トップにもなるし、右肩が早く出て、スライスにもフックにもなります。構えて視界の先にホールが見えたら、頭の中からその景色を消してください。いらない情報を頭からいったん出して、目の前のボールを打つことに集中することです。

ライ 左足下がり

2打目のアイアンショット。番手を落として、斜面なりに構えて振る。斜面なりに振るからディボットも取れない。スイングの跡がターフにうっすらつくだけ

写真

 ティーショットは比較的打ちやすいのですが、難易度が上がるのが、2打目からです。左足下がりのライは、ボールが上がりにくく、強い出球で飛距離が出やすいという特徴があります。構えで大切なのは、まず斜面なりに構えることです。つまり斜面に対し垂直に立つことです。これで90度の入射角を確保できます。これを地球の中心に対して真っすぐ立とうとすると、入射角が狭くなり、スイングの難易度が上がってしまいます。それでも地球の中心に対して真っすぐ立つ時が必要な状況もあります。例えばグリーンが砲台になっていて、どうしても高く上げてボールを止めなければいけない時です。今回のように構えた時よりも、下にグリーンがあるのなら、斜面なりに構えて打ってください。

オーバーは危険

 次に気をつけるのは距離です。さきほども言いましたが、斜面なりに構えたら、いつもよりクラブのロフトが立ちます。低い出球になり、飛距離も出ます。ランも出やすくなります。つまりボールがいつもより飛びやすくなるということを覚えておいてください。

 今回の第2打の地点は、ピンまで130ヤードで、風はフォロー。距離で考えれば9番アイアンなのですが、飛びすぎると危険なので、ピッチングウエッジ(PW)にします。私の場合、PWは通常120ヤードの飛距離です。フォローの風と打ち下ろしを計算して、届かなくても3打目で乗せればいいと判断してPWにしました。

 (田村プロが打った第2打は、風に乗って125ヤードほど飛び、5ヤード転がってぴったり130ヤードで止まった。ターフもほとんど取れておらず、こすったような薄い跡がついただけ)

 いい感じで打てました。グリーン周りで、オーバーは危険です。特に打ち下ろしではショートしてもいいから手前から攻めるという意識が大切です。

 <田村尚之(たむら・なおゆき)> 1964(昭和39)年6月24日生まれ、広島県廿日市市出身の53歳。172センチ、65キロ。ゴルフが趣味だった父の影響で3歳から始める。修道中では関西ジュニア優勝。修道高を経て、東京理科大卒。マツダに就職し、本格的にゴルフ競技を再開。2001年に鉄工関連の会社に転職。07年日本アマ準優勝。13年のプロテストに合格し、14年からシニアツアーメンバーとなる。16年富士フイルムシニアチャンピオンシップでツアー初勝利を飾った。

 取材協力 森永高滝カントリー倶楽部(千葉県市原市古敷谷1919)(電)0436(96)1351(予約専用)

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ