トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 佐藤信人のスイング処方箋一覧 > 記事

ここから本文

【佐藤信人のスイング処方箋】

バンカーショットの距離感 振る方向で打ち分け エクスプロージョンの意識が大事!佐藤流を紹介します

2019年2月14日 紙面から

 今週から3週にわたって、佐藤信人プロ流のバンカーショットを紹介します。バンカーを苦手とするアマチュアの人は多いと思いますが、佐藤プロもバンカーが苦手で、距離感をうまくつかめなかった時代があるそうです。第1弾は、その苦手なバンカーをどう克服したか教えてもらいます。 (取材・構成 末松茂永)

バウンスを使おう

写真

 僕はバンカーショットが苦手でした。距離感がなかなかつかめずに苦労しました。そんな僕が、距離の長短をどう打ち分けられるようになったのか。アマチュアの人にも参考になると思い、紹介します。簡単に言うと、短い距離は左に振り、長い距離は右に振るようにしました。詳しく説明します。

 まずは距離が短い場合。バンカーのすぐ先に、ぽとんと落としたいような状況では、目標に対してスタンスを左に向けます。そして、そのスタンス通り左へ振り抜くと球は飛びません。

 クラブフェースは、バウンス(フェースの底部分)を使いたいので、開いてください。バウンスを使えると必要以上にクラブが砂にもぐり込みません。ゆえに、砂をぱーんと爆発させるエクスプロージョンショットができるのです。エクスプロージョンのバンカーショットで大事なのは、文字通り砂を「爆発させる」意識です。インパクトで緩まずに、砂をしっかりとたたかないといけません。そうするためには、フィニッシュでヘッドをしっかり止めることを勧めます。

フィニッシュ調整

 打ち出す高さのイメージに応じて、フィニッシュの高さが決まります。高い球なら、フィニッシュの位置は頭か顔の高さとなります。通常は腰の高さぐらいで十分です。フルショットのようにだらだらっと最後まで振り抜くと、砂を爆発させるのが難しくなります。

ターフも取れない

 次に長い距離の場合です。短い距離とは違い、普通のショットと近い感じになります。クラブを内側から外側へ抜く、インサイドアウトの軌道で振るのがポイントです。自然と砂が薄く取れるので、球を遠くへ飛ばしやすくなります。芝の上でもそうですが、インサイドアウトの軌道で深いターフを取ろうとしても、なかなか取れません。その原理を応用しました。

 以上が距離の打ち分けです。つまり、左(内側)へ振れば振るほど球は飛ばなくなり、右(外側)へ振れば振るほど球は遠くへ飛びます。難しく聞こえるかもしれませんが、僕はこの感覚でバンカーの距離感を磨きました。バンカーが苦手だった時代は、距離を出そうと目いっぱい振ったら、トップしてOBになることがよくありました。それが遠くへ飛ばすには右へ振ると「いいな」と思ってからは、距離感が合ってきました。今でもそうです。振る方向で距離感を出しています。他のプロは知りませんが、僕はこのやり方で上達しました。

【担当記者のなるほど!】

インサイドアウト試したらOBに

 バンカーに苦手意識はありません。おそらく、ダフってもいい安心感から、球に合わせる悪癖が出ないからだと思っています。ただ、ピンが遠い場合も寄せられるかと聞かれたら、答えはノーです。だから早速、インサイドアウトへ振るバンカーショットを試してみました。結果は、ホームランのOBでした。インサイドアウトに振るときも、砂をしっかりとたたくことを肝に銘じた次第です。 (す)

 ▼佐藤信人(さとう・のぶひと) 1970(昭和45)年3月12日生まれ、千葉県習志野市出身の48歳。179センチ、75キロのドローヒッター。幼少期に父親の影響でゴルフを始め、中学3年ごろから本格的に取り組む。高校卒業後は渡米し陸軍士官学校、ネバダ州立大で学び、1993年にプロテスト合格。97年にツアー初優勝し、国内メジャー3勝を含むツアー9勝。海外メジャーにも出場。現在はゴルフ解説者としてテレビや雑誌の仕事のほか、男子ツアーのコースセッティングに携わる。

 取材協力 涼仙ゴルフ倶楽部(三重県いなべ市員弁町東一色2796)(電)0594(74)5110

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ