トップ > 中日スポーツ > コラム > Penペン草紙 > 記事

ここから本文

【Penペン草紙】

トヨタ自動車・栗林を筆頭に今年も逸材めじろ押し 中部地区出身 ドラフト上位候補

2020年1月13日 18時0分

昨年の社会人野球日本選手権でマツゲン箕島硬式野球部に完封勝利したトヨタ自動車の栗林

写真

 新しい年が明け、2020年のアマ球界が動き始めた。東京五輪に負けない盛り上がりを期待して、今年の中部地区所属、出身の主役候補を、いち早く紹介したい。

 真っ先に名前が挙がるのが、トヨタ自動車の栗林良吏投手。名城大時代から注目を集める右腕は、150キロを超える直球を武器に、入社1年目の昨年から主戦格として登板。フィールディングなどを含め、投手としての総合力が高く、即戦力の1位候補として人気を集めるだろう。社会人なら、ホンダ鈴鹿の左腕、森田駿哉投手(富山商―法大)、三菱自動車岡崎の中野拓夢内野手(東北福祉大)も楽しみだ。

 高校生では、中京大中京の高橋宏斗投手に注目。最速148キロを誇る未完の大器は、昨秋の明治神宮大会優勝に大きく貢献した。現時点では進学希望を表明しているが、出場が確実なセンバツで活躍すれば、プロ側の注目度はさらに上がる。チームメートの印出太一捕手、中山礼都内野手も好素材。星稜の内山壮真捕手、静岡商の高田琢登投手、上田西の高寺望夢内野手、中京学院大中京の元謙太外野手も各球団がリストアップしている。

 大学生では、中大の牧秀悟内野手(松本第一)が堂々の1位候補。大学日本代表の4番を打つ強打者でありながら、二塁手という希少性も備える。「1位競合するのではないか」と早くも展望するスカウトもいる。

 さらに、最速155キロまで伸ばした日体大の森博人投手(豊川)や、横浜商大の左腕、藤村哲之投手(愛工大名電)に加え、初祖晋太郎(中京大中京)と山本一輝(東郷)の中京大コンビも注目してほしい投手だ。 (麻生和男)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ