トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 内藤雄士の「必ず上達する、これが最新スイング」一覧 > 記事

ここから本文

【内藤雄士の「必ず上達する、これが最新スイング」】

パットの命は正しいストローク ダウンブローで打って左手首折らない

2015年1月29日 紙面から

 今週はパッティングレッスンの2回目です。パッティングの正しいストロークとインパクトのかたちを覚えてください。あなたのパッティング力が、アップすること間違いありません。

肩の動き→振り子と同じ

ヘッド上げ注意

通常のショット時、肩は地面とほぼ平行に動く

写真

 パッティングはショットと異なり、肩が振り子のように上下に動きます。テークバックでクラブヘッドは上がり、インパクトで下がり、フォローで上がる。これが基本的なパターヘッドの動きになります。

 パッティングもインパクトはダウンブローで打ってください。アマチュアゴルファーのパットを見ていると、インパクトの前にすでに左肩が上がってしまって、ヘッドが上昇しながらボールに当たってしまう傾向があります。これでは必要以上にロフトがついてしまうし、そもそも芯でボールを打つことができません。インパクト後に左手甲が折れてしまうのも、ヘッドを上げようとする意識の表れです。

 インパクト後も、意識はヘッドを下に下に保っていくのです。それでも、先ほど書いた肩の動きにつられて、ヘッドは適正な高さに上がっていきます。ヘッドは意識的に「上げる」のではなく、「上がってしまうもの」なのです。ヘッドをインパクト後も意識して低く保って、やっと適正な高さに収まるということです。

写真

必ず芯で打とう

 もう一つ。フェース面と左手の甲の向きが同じになるように握ってください。まず手のひらの生命線を確認します。これをグリップの左の角に添えるようにあてがいます。クラブをそのまま下ろしていくと、フェースの向きが、そのまま左手甲の向きになります。この角度を維持し続けます。インパクト後も、左手甲がターゲット方向を向くように打ちます。大切なのは絶対に左手首をインパクトで折らないこと、インパクト前に左肩が上がらないことです。

 左手甲の向きとクラブのフェースの向きが同じになれば、方向性はぐんとよくなります。

方向性が確実に向上

写真

<1>インパクトから<2>ヘッドはさらに下に下に<3>左手甲がターゲット方向を見続けるように前に出していく

◆今週の宿題

ヘッドを低く維持

インパクトで力を調節しない!!片腕打ち

写真

 ヘッドをインパクト後も低く保つドリルを試してください。パットを左腕だけで振ります。右手は左の肩の上。軽く抑えるように置いてください。

 そのままヘッドを上げないように、振っていきます。打ち終わって、クラブが止まったところで、左肩の上に置いた右腕をシャフトに添えてください。これが適正な高さのフィニッシュです。

 たいていの人は、低い位置にびっくりするはずです。プロやパットの名手のフィニッシュは、これだけ低いということを実感してください。簡単に書きましたが、このドリルはなかなか難しいですよ。ぜひ、試してみてください。

◆宿題やってみました

軸回転の大切さ痛感

写真

 ゴルフ歴30年、スコアはその約3倍。中日スポーツ編集委員の高野行正が宿題をしました。左腕一本でパターを持ち、右手で左肩を押さえながら、腕と肩で作る三角形を崩さないことと、体の軸回転でストロークすることを意識して行いました。正確な距離感をつかむためには手先での調整ではなく、体の軸回転による振り幅が大切なことがよく分かりました。

 パッティングではインパクトのあと、できるだけ低く、長くフォロースルーをとることを心掛けてきましたが、体がカップ方向に流れてしまうことがありました。フィニッシュで右手を添える練習は、安定したストロークを覚えるのに役立つと思います。

緩む悪い癖直せます

 内藤「アマチュアゴルファーの多くは、テークバックが大きく、インパクトで緩む傾向があります。このドリルでは左腕一本で打つために、インパクトで緩む悪癖も矯正することができます。高野さんの感想を読むと、このドリルがとても合っているように思います。この調子で続けていってください」

 ▼内藤雄士(ないとう・ゆうじ) 1969(昭和44)年9月18日生まれの45歳。東京都出身。日大ゴルフ部在籍中に米国にゴルフ留学。最新のゴルフ理論を学ぶ。1998年からツアープロコーチとしての活動を開始。2001年にはマスターズ、全米オープン、全米プロの米ツアーのメジャー大会をツアープロコーチとして経験。丸山茂樹の米ツアー参戦に同行し、3勝をサポート。契約プロゴルファーの多数のツアー優勝を支えた。海外のツアーにも精通している。その一方で、東京都杉並区でラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、ゴルファーの育成にも取り組んでいる。

 <教えてください> ゴルフに関して、あなたが取り組んでいる練習方法などを教えてください。日々の練習、ラウンド前の練習、会社や自宅でできるちょっとした工夫など、何でも結構です。150文字程度にまとめ、ファクス(052・231・0628)か電子メール(spo-golf@chunichi.co.jp)で送ってください。採用された方にはゴルフボールをプレゼントします。

 取材協力 ハイランドセンター 東京都杉並区高井戸東3−11−7 (電)03・3334・7111 レッスンなども随時受付中

(毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ