トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 内藤雄士の「必ず上達する、これが最新スイング」一覧 > 記事

ここから本文

【内藤雄士の「必ず上達する、これが最新スイング」】

バンカーショット ミスが出るには理由がある 覚えよう正しい“手順”

2014年12月25日 紙面から

 今週からいよいよバンカーショットのレッスンに入ります。バンカーが苦手というゴルファー、本当に多いですよね。じっくり教えていきますから、期待してください。

一発バンカー脱出

 バンカーショットは、構えるまでが大切です。バンカーショットを打つための順序を間違えなければ、致命的なミスというものは、出にくくなります。逆に、順番を間違えてしまったり、やるべきことを忘れてしまうと、バンカーから脱出できずに「もう1度」なんてことになってしまいます。バンカーショットが苦手な人は、この致命的なミスをしてしまうタイプの人が多いようです。

 では、バンカーショットのための、手順をレッスンします。このレッスンはバンカーに実際入らなくてもできます。練習場でいいので、この手順を何も考えなくてもできるまで練習してください。

写真

 (1)フェースを開いてグリップ まずフェースを開いてグリップを持ってください。自分を基準にした場合は1時から1時半くらい開きます。

 (2)スタンス 肩幅に開いてください。アプローチショットと異なり、バンカーショットは砂の抵抗がある分、しっかりとスタンスを取らなければいけません。

 (3)アドレス まず打ち出し方向に向かってスタンスを取ります。そうするとフェースは開いている分、少し右を向きます。ここからグリップを少しハンドレート気味に右に動かして、フェースを打ちたい方向に向けます。ここでスタンスを少しオープンにします。左のつま先は少し開いたほうが振りやすいでしょう。最後に下半身を少し落としてどっしりと構える。これもスタンスと同じ。砂の抵抗に負けずにしっかりと振るためと、バンカーはボールの手前にヘッドを落とすショット。つまりダフらせなければいけません。そのために少し下半身を落とします。

順番間違えない

ハンドレートにせずにフェースを打ち出したい方向に向けると、とんでもなく左を向かなければならない

写真

 これでバンカーショットを振るための準備は終了しました。ここからコックを使って、ヘッドを上げていって、トップから切り返して、ボールの手前にヘッドを落としていきます。バウンスから砂に落としていけば、砂といっしょにボールもふわりと上がって、バンカーから脱出できます。この順番を間違えたり、飛ばしたりすると、ホームランが出たり、逆にヘッドが砂に潜りすぎてボールが飛ばなかったりするのです。特にフェースを開くことと、構えをハンドレート気味にして、スタンスが左を向きすぎないようにしてください。

◆今週の宿題

練習場でしっかり確認

 実際に、練習場に行って、手順に従ってボールを打ってみてください。バンカーが苦手なのは、平均的なアマチュアゴルファーの方は、バンカー練習というのがなかなかできなくて、いざ、バンカーショットを打つ時に、あわててしまうという面があります。だからこそ、この手順をしっかりと覚えて、本番であわてないようにしてください。

写真

◆宿題やってみました

さよならホームランへ一歩前進!?

練習場でもバンカーショットの手順を簡単に覚えることができた

写真

 今週はこのページの編集担当である青山が挑戦しました。バンカーショットはそれほど不得手ではないのですが、距離がなかなか一定しません。目玉になっていたり、あごの下だったり、よほど悪いライじゃない限り、脱出できないということはないのですが、できればべたピンにつけたいじゃないですか。たまにするミスがホームランです。

 練習に限れば、内藤さんに教えていただいた通りにやってみると、柔らかいフワリとして理想のボールが打てました。これを何とかラウンドでも実践してみたい。順番を頭の中で確認しなくてもできるまで、練習で身に付けます。

悪い癖なくすまで練習練習

 内藤「練習でできて、ラウンドでホームランが出るということは、ラウンドでは練習でできたことができていないということですよね。青山さんはインサイドに引く癖があります。インサイドからアウトサイドにヘッドが動いていきます。つまり典型的なホームランを打つスイングです。その悪い癖がラウンドでは出てしまうということです。あせらず、この手順をしっかり覚えて、自分のものにしてください」

 ▼内藤雄士(ないとう・ゆうじ) 1969(昭和44)年9月18日生まれの45歳。東京都出身。日大ゴルフ部在籍中に米国にゴルフ留学。最新のゴルフ理論を学ぶ。1998年からツアープロコーチとしての活動を開始。2001年にはマスターズ、全米オープン、全米プロの米ツアーのメジャー大会をツアープロコーチとして経験。丸山茂樹の米ツアー参戦に同行し、3勝をサポート。契約プロゴルファーの多数のツアー優勝を支えた。海外のツアーにも精通している。その一方で、東京都杉並区でラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、ゴルファーの育成にも取り組んでいる。

 取材協力 ハイランドセンター 東京都杉並区高井戸東3−11−7(電)03・3334・7111 レッスンなども随時受付中

 (次回の掲載は1月8日です。紙面では他に「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ