トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 内藤雄士の「必ず上達する、これが最新スイング」一覧 > 記事

ここから本文

【内藤雄士の「必ず上達する、これが最新スイング」】

しっかりひねってフォロー決める 美しいフォームで飛距離アップ

2014年7月10日 紙面から

 今週のレッスンは「体はフォローまでしっかり回す」です。スイングがインパクトで終わってしまっているゴルファーが、いかに多いか。かっこよく見えるゴルフスイングって、やっぱりフォローが決まっているんです。なぜかっこよく見えるかというと、フォローまで体を回す動きがそれだけ、スイングにとって大切だからです。

正しい捻転不可欠

<1>インパクトで腰はすでに回転して打ちたい方向にむかっている<2>ヘッドの動きに合わせて、右肩もしっかりと回す<3>右肩はここまで回す

写真

 フォローまでしっかりと体を回すために必要な動きは、実はテークバックでの上半身の捻転に秘密があります。この捻転が浅かったり、あるいは正しく捻転されなかったりすると、ボールは飛ばないし、おまけに曲がります。なぜならば、捻転が浅かったり、正しい方向に捻転されていないと、テークバックでパワーが蓄積されません。正しいテークバックは正しい捻転をすることです。正しい捻転ができれば結果として右の股関節上にパワーが蓄積されるのです。

 それをインパクト以降で開放してあげるのがスイングなのです。

体の回転がインパクトで止まると、クラブヘッドだけが体の左に回り、左肘が引けたようなスイングになる。これが引っかけの原因だ

写真

 例えば、テークバックで右肩が上がり、それにつられて右腰も伸び上がって、トップを迎える人がいます。これがいわゆる右脇が空いてしまうフライングエルボーという現象です。フライングエルボーのまま、それでも無理やり上体の力だけで振ろうとすると、右肩がインパクト前に出てしまいます。体がつっこんだままだとダウンスイングでのクラブフェースは開きやすくスライスに、本能的に、無理にフェースを返しすぎると、今度は引っかけになります。それでもボールを曲げたくないから、ダウンスイングで無理やり右肩を出さないようにしている人がいますが、そうするとインパクト付近で体が止まり、伸び上がった状態になってしまいます。正しいインパクトを迎えるためには、正しいバックスイング、つまり正しい捻転が不可欠です。

頭の後ろ 右肩隠す

 アドレスを取った時の体の正面に、鏡があると仮定してください。正しい捻転は、バックスイングのトップの位置で完全に右肩が頭の後ろに隠れています。正しいバックスイングができていない人は、トップの位置で右肩が上がってしまいフライングエルボーのような形になってしまうために、右肩が頭の後ろに隠れません。

 ただし、体の柔軟性には個人差があります。だから、右肩が完全に隠れてしまうほど回せる人は少ないかもしれません。だから練習でできるだけ、体を正しく回す練習をしてください。これはストレッチにもなり、美しいトップ、美しいスイングにもつながっていきます。正しい捻転ができていることにもなりますから、バックスイングでパワーが貯蓄され、フォローに向かってそれが開放されるので、飛距離アップにも貢献します。

◆今週の宿題

写真

 今週の宿題は「回転の動きを確認する」です。アイアンを両手で持ってください。このアイアンを横にして、まずアドレスをつくる。そのまま上体をひねってトップで止める。戻してインパクト。その時、下半身はアドレス時よりも打ちたい方向に動いていることも目でしっかり確認してください。インパクトから右肩をしっかり回ってフィニッシュ。

 インパクトまでは上体の捻転と、下半身リードで右肩は前に出さない。逆にフォローからは積極的に右肩を回して、体を回転させてやる。

 要するに、この動きのチェックは、素振りよりももっと基本的な動きで、体の回転というものを確認する動きです。スイングはいかに、この基本の動きが大切かということを理解してほしいのです。

◆宿題やってみました

テークバックで脚まで一緒に回っちゃう〜

体が柔らかい生田は、しっかり体を回せた

写真

 「モーニング娘。’14」の生田衣梨奈です。今週はわたしが宿題に挑戦してみました。この宿題を担当させていただいているおかげで、大好きなゴルフに仕事で関わることができて、本当にうれしいです。おまけに(?)コンスタントに練習もできるし、いいことばっかり。最近は忙しくてラウンドに出られないのが残念だけど、きっと上手になっているはず。

 今週の宿題は基本的な動きの確認ですよね。上体の柔軟性には自信があるから、これは楽々とクリア。でも、わたしは「脚に全然力が入っていないよ」って、よく言われるんです。だからテークバックではいっしょに脚まで右に回転してしまうんです。もっと力を入れなきゃって思うんだけど、動いてしまうんです。下半身が安定するスイングにするためには、どうしたらいいのでしょう、内藤コーチ。

捻転差出してる?

 内藤「生田さんのように、体が柔らかい人は上半身を回すことに関しては問題なさそうですね。体の柔らかい女性や、ジュニアゴルファーで気をつけてほしいのは、やはり下半身、特に左膝です。上半身といっしょに左膝まで動いて回ってしまうと、スイングに大切な捻転差が出ません。下半身を正しく使うためにも、できる限り左膝を動かさないようにしてください。逆に体が硬い男性ゴルファーは、このドリルでしっかりと上半身を回すようにしてください」

 取材協力 ハイランドセンター 東京都杉並区高井戸東3−11−7 (電)03・3334・7111 レッスンなども随時受付中

 ▼内藤雄士(ないとう・ゆうじ) 1969(昭和44年)9月18日生まれの44歳。東京都出身。日大ゴルフ部在籍中に米国にゴルフ留学。最新のゴルフ理論を学ぶ。1988年からツアープロコーチとしての活動を開始。2001年にはマスターズ、全米オープン、全米プロの米ツアーのメジャー大会をツアープロコーチとして経験。丸山茂樹の米ツアー参戦に同行し、3勝をサポート。海外のツアーにも精通している。現在は平塚哲二、矢野東、伊藤誠道らツアープロのコーチを務める。その一方で、東京都杉並区でラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、ゴルファーの育成にも取り組んでいる。

 ▼生田衣梨奈(いくた・えりな) 1997(平成9年)7月7日生まれの16歳。福岡県出身。趣味のゴルフは小3から始める。ドライバーの飛距離は230ヤードを誇る。得意なクラブは7番アイアン。

 内藤コーチのゴルフレッスンの感想を募集しています。採用された方には、ゴルフボール3個をプレゼントします。ファクス(052・231・0628)か電子メール(spo-golf@chunichi.co.jp)で送ってください。

 (毎週木曜日の紙面に掲載。紙面では他に「お手軽エクササイズ」も掲載しています。)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ