トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 内藤雄士の「必ず上達する、これが最新スイング」一覧 > 記事

ここから本文

【内藤雄士の「必ず上達する、これが最新スイング」】

グリップ 力入れる指は左手3本と右手2本だけ 余分な締め付けいらない

2014年7月3日 紙面から

写真

 今週のレッスンはグリップの強さと、グリップ(握り)の締め方です。フェースの方向を安定させようとして、クラブをギュッと握っていませんか? これでは逆効果なんです。グリップの締め方のコツは左手の3本の指にあります。

力の入れすぎ注意

 スイングするときのグリップの強さについて、きょうはレッスンします。みなさん、グリップをどれだけの強さで握っていますか? これ、実は個人差がありすぎて、どれが正解というものはないのです。プロでも実はそれぞれで、指がシャフトに触っているだけという人から、指と指との間にすきまなくしっかり握るという人までいます。

 感覚の問題ですから一概には言えないのですが、全体的にアマチュアゴルファーは、グリップがルーズになりがちです。特にインパクト後に、左手首が甲側に折れてしまっている人が多いのです。これではフェース面が安定せず、狙ったところに飛びません。ここで勘違いをしないでほしいのですが、「ルーズ」というのは、力を入れていないという意味ではなくて、むしろ逆なんです。力を入れすぎて、よぶんなことをしてしまっているのです。手首はシャフトと腕をつなぐちょうつがいです。だから固めなくていい。何かしようとするから手首があばれるんであって、力を抜いて振ってやれば手首はあばれません。

他の指 添えるだけ

イラストのようなオーバーラッピングの握りでも、左人さし指と右小指をからませるインターロッキングでも、締めるのは左の小指、薬指、中指と右薬指、中指の3本だけ

写真

 まず手首がどんな動きをしているのかを知ることから始めましょう。伝説のプロゴルファー、ベン・ホーガン(米国)は、グリップした時につくる、右親指と人さし指のV字のかたちがアドレスとインパクトでほぼ同じだったといいます。これは右手をいかに適切に使っているかということです。言い方を換えると、右手を使いすぎていない動きになっているということでもあります。右手の使い方が正しくないと、右手でつくったV字がかぶったり、開いたりします。

 すべての指を強く握るのではなく、グリップで大切なのは左手の3本と右手の中指と薬指です。そのほかの指はできる限り柔らかく握ってください。スイングではこの5本を締めて振ってみてください。特に右利きで右打ちの人は、左手の3本の締めが甘くなります。

 インパクトでクラブと体の距離を保つためには、この3本が大切。フィニッシュまで3本を締めて振りきってみてください。

◆今週の宿題

写真

 左手3本の指だけでスイングをしてください。これは難易度が相当に高いので、右手の2本を添えても構いません。この5本を使って、スイングをしてみる。大切のはフィニッシュでクラブをしっかり立てる。これは左手小指でクラブのグリップをちゃんと締まっていないと、できません。

 すべての指をゆるめたらスイングにならないし、すべての指に力を入れても、スムーズなスイングはできません。力を入れるべき指にしっかりと力を入れて、抜くべき指はちゃんとゆるめる。スイングのグリップはこのめりはりが大切。このドリルでそれを習得しましょう。

◆宿題やってみました

ナヨナヨスイングがもっと悲惨になった…

相当に難易度が高く、フェースのコントロールを力でやろうと思うと、振れない。この写真も何とかフィニッシュは取っているが、実は全然振れていない

写真

 今週の「宿題をやってみました」は、このレッスンの紙面ページをレイアウトしている今村睦が担当します。ゴルフ歴は10年と浅いのですが、スポーツ歴はかなりあります。高校時代はサッカー部でならし、社会人ではボウリングにはまりました。アベレージで180ピンは軽くいってましたね。ゴルフはすぐにはまりました。まったく自分の思うようにならないところが、このスポーツの魅力です。スコアはたまに100を切ることもありますが、気持ち悪いフォームをよく指摘されます。なんかスイングに軸がなくて、ナヨナヨしてるんです。だからこのレッスンで、「脱ナヨナヨスイング」を目指したいと思っています。内藤コーチ、よろしくお願いします。

 「3本の指でスイングをするなんて簡単」と思っていたら、大間違いでした。まずクラブの重さが結構あって、片手で振ることさえも難しい。その上、3本指だから力が入らない。スイングをイメージして、それに合わせるように体を動かしたら何とかスムーズに振れた気がしました。このドリル、ぼくには難しすぎます!

腕の力に頼るのはダメ

 内藤「今村さん、このドリルはそれほど難しくありませんよ。できないのはコツを会得していないからだけです。コツさえのみ込めば、簡単に振れます。今村さんは体の回転ではなく、腕だけで振ろうとしているからです。腕の力に頼るから、ヘッドの重みに負けて振り遅れるのです。体の回転で振ることさえできれば、簡単にスイングができます。この体の軸回転、体幹を使ったスイングは、スイングの基本中の基本。プロでこれができない人はいません。今村さんが次のステップにいくための、大切な基礎です。体の回転を意識しながら、毎日、地道に取り組んでください」

 取材協力 ハイランドセンター 東京都杉並区高井戸東3−11−7 (電)03・3334・7111 レッスンなども随時受付中

 取材協力 リンクスこうのす 名古屋市天白区鴻の巣1−405 (電)052(801)5700

 ▼内藤雄士(ないとう・ゆうじ) 1969(昭和44)年9月18日生まれの44歳。東京都出身。日大ゴルフ部在籍中に米国にゴルフ留学。最新のゴルフ理論を学ぶ。1988年からツアープロコーチとしての活動を開始。2001年にはマスターズ、全米オープン、全米プロの米ツアーのメジャー大会をツアープロコーチとして経験。丸山茂樹の米ツアー参戦に同行し、3勝をサポート。契約プロゴルファーの多数のツアー優勝を支えた。海外のツアーにも精通している。その一方で、東京都杉並区でラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、ゴルファーの育成にも取り組んでいる。

 内藤コーチのゴルフレッスンの感想を募集しています。採用された方には、ゴルフボール3個をプレゼントします。ファクス(052・231・0628)か電子メール(spo-golf@chunichi.co.jp)で送ってください。

 (毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ