トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 村上佳菜子スマイルレポート > 記事

ここから本文

【村上佳菜子スマイルレポート】

ランビエルさんのサポートで宇野昌磨に変化 大きな壁を乗り越えた[村上佳菜子スマイルレポート]

2019年12月21日 0時30分

男子SPで演技する宇野昌磨

写真

◇20日 フィギュアスケート全日本選手権第2日・男子SP(東京・国立代々木競技場)

 羽生選手と宇野選手の演技は素晴らしかった。ただ、小さい頃から毎日一緒に練習してきた宇野選手の演技には、正直ホッとしました。大きな壁を一つ乗り越えた。スケーターとしても人としても、ここまでの道のりでさらに大きくなったのではないかと思います。

 シーズンの序盤は心配でした。8位だったフランス杯を見たときは、殻に閉じこもっていて、あれほど自信のない宇野選手を見たことがありませんでした。けれどランビエルさんがサポートすることになって、変化がみられました。練習を見て、表情も戻ってきていましたし、乗り越えたんだなと。ジャンプにスピードとキレが戻ってきていたので、試合は心配していなかったんです。

 宇野選手は今季、山田満知子先生のグループから離れる大きな決断をしました。その直前、「こういう状況だよ」という話を聞きました。私は後悔しないためにも、自分がやりたいことを貫くのが一番いいと思っています。だから引き留めることもなく聞いただけ。でも、弟のような存在は変わらないですし、どこに行っても応援する。それは満知子先生、樋口美穂子先生も同じ気持ちだと思います。コーチの存在が大切なことを再認識したでしょうし、この壁も必要だったんだと思います。

 4連覇を目指す2位の宇野選手と、4年ぶりの優勝を目指す首位の羽生選手の差は5点ちょっと。逆転できない差ではないですが、相手は羽生選手。厳しい戦いになるかもしれませんが、見応えのあるフリーになると思います。そして、かわいがってもらっている高橋選手はこれがシングルとして最後の試合、ベストな演技ができることを願っています。(プロフィギュアスケーター、ソチ五輪代表)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ