トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 特選!レジェンド校 > 記事

ここから本文

【特選!レジェンド校】

記憶に残る40K 長崎 海星

2018年12月11日 紙面から

1976年夏の甲子園で海星を4強に導いた「サッシー」

写真

 今年で100回を数えた選手権の歴史は「怪物」の歴史でもある。作新学院(栃木)の江川卓が雨中の押し出し四球で甲子園を去った3年後の1976年の第58回大会。長崎に現れた「サッシー」が聖地を席巻した。長崎大会、西九州大会を圧倒的な投球で勝ち上がった海星の酒井圭一(60)だ。全国の高校野球ファンの視線を一身に集めた豪腕の活躍を振り返った。 (文中敬称略)

打高投低の時代

 金属バット導入3年目だった第58回大会。「打高投低」の流れに逆らうように、右の本格派がそろった。柳川商(現柳川、福岡)の久保康生、1学年下だった星稜(石川)の小松辰雄…。プロでも活躍したメンバーがそろう中で、主役は長崎の怪物だった。

 当時、英国のネス湖に生息すると話題になった未確認生物「ネッシー」にちなみ、「サッシー」の愛称で呼ばれた酒井は一大旋風を巻き起こした。甲子園出場はこの1度だけだったが全国のファンを熱狂させ、夏の選手権では長崎県勢24年ぶりの4強進出にチームを導いた。

 玄界灘に浮かぶ壱岐の出身。田河中時代はエースながら「島内でも勝てなかった」と振り返るが、長崎市内にある海星の監督だった井口一彦の第一印象は「すごい球がうなっていた。『絶対にウチに』と思った」

 当時から180センチを超える大型右腕。海星入学後は一貫して先発で起用され、力を徐々に蓄えていった。1年時に肩を痛めた反省を踏まえ、下半身強化を徹底。「8割は走らせた」(井口)という練習メニューもあり、好素材はたくましさを増した。

3年で才能開花

海星高時代の酒井(中央)=1976年、長崎市内で

写真

 2年時までは甲子園にあと一歩届かなかったが、最後の年に一気に本格化した。酒井も「3年ではほとんど負けていない」と話す。春は広島商との練習試合で18三振を奪い、九州大会では鹿児島実戦で無安打無得点試合を記録した。

 金属バット対策として、井口は「かわすだけでは駄目。打者を上回る球威が必要」との方針で育てた。そのすごさを「まず低めの球の伸び。そして、右打者の懐にナチュラルにシュートして食い込む内角の速球の球威。手首が強く柔らかかった」と話す。

 球種は140キロ台後半といわれた直球とカーブだけながら、制球も良く、大型投手にありがちなもろさもなかった。1976年夏は島原中央との長崎大会3回戦で、初回の先頭打者から16連続奪三振。長崎工との代表決定戦では無安打無得点試合を達成し、西九州大会も制して甲子園に駒を進めた。

 伝説の16連続奪三振について、酒井は「監督から『(三振を)一回り取ってこい』と言われた」と明かす。自身の投球スタイルについては「打線が強くなかったので、3点取られたら負け。だから勝つための投球をしていた」と力を込める。

海星の校内には酒井の活躍を伝える文章や写真も展示されている

写真

圧巻の地方大会

 この言葉通り、西九州大会までの7試合を1人で投げ抜き、失点は龍谷(佐賀)との西九州大会決勝で失った1点のみ。51イニング連続無失点も記録した。甲子園に乗り込むころには「江川以上、第二の稲尾」と騒がれ、マスコミとファンの注目を一身に集めた。

 甲子園で、酒井が「一番印象に残った試合」と話すのは、延長10回にサヨナラ勝ちした徳島商との1回戦。初めての聖地で緊張もあり、決して本調子ではなかった。それでも全国屈指の伝統校を4安打1点に抑え、チームも流れに乗った。

 快勝した福井(現福井工大福井)との2回戦では、井口や捕手の吉武健治が「最高の球」と話す1球を投じた。8−0の7回2死。4番打者にフルカウントとなった時点で雷雨のため中断。1時間43分後に再開すると、外角低めへの快速球で三振。怪物らしさが詰まった1球だった。

春V崇徳を撃破

 そして、井口は崇徳(広島)の甲子園春夏連覇を阻んだ3回戦を「最高の試合」に挙げた。センバツ優勝投手の黒田真二(のちヤクルト)との豪腕対決を1−0で完封勝利。山崎隆造(のち広島)らの強力打線を2安打に抑えた。8奪三振のうち6個が見逃しで、打者に「低めのストライクがみんなボールに見えた」と天を仰がせた。

 5日間で4試合目の登板となったPL学園(大阪)との準決勝ではさすがに疲れが見え、延長11回に甲子園で初めて打たれた三塁打と犠飛で屈した。打たれたのは得意のコースへの直球で、スコアは2−3。この夏、初めて3点を許した。

 甲子園では計5試合で40奪三振。2桁奪三振は1試合もなかった。酒井は「甲子園でそんなに三振は取れないよ」と口にするが、井口は「狙ったら、もっと取れたかもしれませんね」と話す。あくまでチームの勝利に徹した「サッシー」は、心優しき怪物だった。 (相島聡司)

 ▼海星 1892年に海星学校として創設された中高一貫の私立校。海星商業学校、海星中を経て1948年から現校名となる。2006年から男女共学。野球部は1915年創部。甲子園は春5度、夏17度出場。最高成績は76年夏の4強で、酒井の1学年下に平田勝男(阪神2軍監督)がいた。他の主なOBは堀幸一(ロッテ2軍打撃コーチ)、永江恭平(西武)、高嶋仁(智弁和歌山高元監督)ら。

 ▼酒井圭一(さかい・けいいち) 1958(昭和33)年6月1日生まれ、長崎県壱岐市出身の60歳。プロでの現役時代は185センチ、88キロ。八幡小3年でソフトボールを始める。田河中では野球部に所属し、相撲で県大会に出場。海星高では1年春の九州大会からベンチ入り。1年夏は西九州大会決勝、2年夏は県代表決定戦で登板も敗退。3年夏に甲子園4強。ドラフト1位で77年にヤクルトへ入団し、90年限りで引退。実働13年間の通算成績は215試合に登板し、6勝12敗4セーブ、防御率5.08。引退後はヤクルトで打撃投手やスカウトなどを務め、2018年限りで退団した。

1983年に春夏連続で甲子園に出場した久留米商のエース山田武史

写真

軟式上がりで鳴らした快速球

久留米商・山田武史

 1915年の第1回大会に出場した10校の「レジェンド10」のうちの1校が久留米商(福岡)だ。62年の第44回大会で準優勝。同校初の春夏連続出場を果たした83年の第65回大会では4強入り。この年の原動力がエースの山田武史(のち巨人、ダイエー)だった。

 中学時代から快速球は有名で、福岡県久留米市の牟田山中3年だった80年に福岡県大会優勝。準決勝で延長戦の末に敗れた城山中の監督だった柴田幸尚は「後に4人が東京六大学でプレーした能力の高いチームだったが、勝てなかった」と話す。

 翌81年から県大会を連覇した柴田が「当時の軟式球で132キロも出ていたと聞いて驚いた」と振り返る快速球。高校で140キロを超え、打者の手元で浮き上がるような切れの良さを誇った。甲子園に初登場した83年のセンバツ大会では股関節を痛めながら、宇部商(山口)との初戦を13奪三振で完封した。

 同年夏は福岡大会中に虫垂炎を患った。痛み止めの注射も効かず、背中まで痛みが広がった。横浜商(神奈川)との準決勝で力尽き、福岡県勢18年ぶりの頂点に届かなかった高校最後の夏を「1球でもいい。納得のいくストレートを投げたかった」と振り返る。

 プロでは5年間プレーし、同学年の渡辺久信(群馬・前橋工、のち西武など)、水野雄仁(徳島・池田、のち巨人)、小野和義(東京・創価、のち近鉄など)らでつくる「昭和40年会」のメンバー。後年の酒席では「高校時代に一番速かったのは」という話題になり、山田で意見が一致したという。記録にも、記憶にも残る快速右腕だった。

【プラスワン】1972年は長崎、89年は三重が勝利 井口監督「決着を見たい」

2度の海星対決

ユニホームの字体が異なる長崎海星(手前)と三重海星=1989年8月14日、甲子園球場で

写真

 長崎県を代表する伝統校の海星には「珍記録」がある。同県勢と三重県勢との対戦は春夏を通じて2度しかないが、いずれも同じ校名の「海星対決」。2度とも監督だった井口は「(両校に)関係はないのですが、何かの縁でしょうか」と笑う。

 1972年の第54回大会1回戦は長崎が2−0で勝ち、89年の第71回大会2回戦では三重が10−2で雪辱した。井口は「もう一度対戦してもらい、決着を見たい」と期待する。

 ちなみに、井口は長崎海星2年だった64年の第46回大会に2番打者で甲子園に出場。1学年上の1番打者が、監督として甲子園通算最多の68勝を挙げた高嶋仁だった。高嶋は智弁学園(奈良)と智弁和歌山の監督として春夏計38度、井口も母校を率いて同7度出場。ただ、「1、2番コンビ」は監督として甲子園での対戦はなかった。

(次回は1月18日掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ