トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 桑原克典の「使えるレッスン」一覧 > 記事

ここから本文

【桑原克典の「使えるレッスン」】

ラウンド中に確認できるレッスンカード第2弾

2016年12月29日 紙面から

イラストのようにラミネート処理などしてスコアカードに挟むと便利です。メモ欄は自分のスイングの注意点など書いてください

写真

 ことし最後のゴルフレッスンです。先週に続いて、ラウンドですぐに役立つワンポイントレッスンです。今週はライだけじゃなく、打ちたい弾道別のレッスンもしています。ドロー、フェードの打ち分けも、スタンスやボール位置などを変えるだけで自由自在になるはずです。

スイングは常に同じ

 −このワンポイントレッスンをつくってみて気が付いたのですが、プロは、打ちたい弾道によってスイングを変えるということをしないのですね

 桑原「いろいろな種類のスイングを覚えるよりグリップ、スタンス、ボールをセットする場所を変えるほうが効率がいいからです。スイングは1つにしたほうがいいです。これはアマチュアの方には声を大にして言いたいことです。あとはイメージを変えます。打つ前にドロー、フェード、高い球、低い球などのイメージを具体的に持つのです。目標を決め、弾道を思い浮かべ、あとは振り切る。それを繰り返して練習してください」

 −練習量が少ないアマチュアは、1つのスイングを身に付けるだけでも、大変なことですものね。実際、わたしだって桑原プロに言われたことができていません

 「来年はそこをレッスンしましょうか。スイングを身に付けるって、実はとても大変なことなんです。腰から腰、肩から肩までで、いかに正確なスイングができるか。それを覚えればゴルフのレベルが上がります」

写真
写真
写真

 ▼桑原克典(くわばら・かつのり) 1969(昭和44)年4月4日生まれの47歳。愛知県北名古屋市出身。172センチ、71キロ。愛院大時代は「全日本学生」で優勝するなど、同い年の日大・丸山茂樹らとしのぎを削った。1992年にプロ転向。日本プロゴルフツアーマッチプレー選手権などツアー通算2勝。趣味はガーデニングとアユ釣り。得意クラブはパター。ミズノ所属。

 取材協力 明世カントリークラブ 瑞浪市明世町月吉1112番地の88 TEL:0572−69−2326 http://akeyocc.com/

 <お断り> 次回は1月12日です。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ