トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 桑原克典の「使えるレッスン」一覧 > 記事

ここから本文

【桑原克典の「使えるレッスン」】

ミート率を高めよう 安定した飛距離にはコツがいる

2016年6月9日 紙面から

スイングで脇が開いてませんか

 ドライバーは飛ぶことも大切だが、飛距離を一定にすることも、同じくらい大切。常に安定した飛距離で飛ばすためには、まずはミート率を高めること。そのためのコツと、コツを覚えるためのドリルを桑原克典プロに聞いた。 (聞き手と構成 青山卓司)

弧を描かずに手が伸びたら×

打ちたい方向への意識が強すぎて、クラブヘッドまで真っすぐだそうとして左脇が開いてしまうスイング

写真

 −アマチュアゴルファーの願望の最上位は、もちろんドライバーの飛距離。今より何ヤードでもいいから遠くへ飛ばしたい。でも、同時に飛距離を安定させたいという思いも強く持っています。飛ぶときと飛ばないときの差が、プロよりも激しいということなんですが、ミート率が高まるような振り方ってあるのでしょうか

 桑原「振り方というよりも、気持ちの持ち方を少し変えるだけで、ミート率は高まると思いますよ。プロとアマの意識の差を教えます」

 −ぜひ、お願いします

 「まずアマチュアの方は、ミート率を高めようとした時、陥りやすいわながあります。ボールを真っすぐ打とうという気持ちが強すぎるのか、クラブまで真っすぐ引いて、真っすぐ出していこうとしてしまいます」

 −ボールに正しくコンタクトしようとしすぎるのですね

 「スイングの基本は、(1)クラブと体の距離はいつも同じがいい(2)常に体の正面にクラブがあるように振るのがいい−の2点です。真っすぐ引いたら、クラブフェースは常にボールを向いているけど、右の脇が開いて、クラブが体から遠ざかり、しかもクラブが体からはずれてしまいますよね。インパクト後も、真っすぐ出そうとしたら、今度は左脇が開いて、クラブが体から遠ざかり、体の正面からはずれてしまいます」

 −どちらもスイングの基本からはずれてしまいますね

 「特に多いのがインパクト後にクラブヘッドが孤を描かず、打ち出し方向にいってしまうスイング。青山さんがこのスイングです。これだと真っすぐ打っているようで、クラブフェースは開いているから、スライスになります。それをいやがって手首でフェースをターンさせようとすると、極端に左に曲がるチーピンという球も出ます」

 −いわゆるこねるという打ち方ですね。スライスしたり、チーピンになったりと、打球の方向が散らばるのは、そのせいなんですね

 「そうです。スイングは常に体の正面にクラブがあるように振ります。バックスイングではたたんだ右肘が下を向くように、右脇を締めてください。インパクトからフォロー、フィニッシュにかけてはたたんだ左肘が下を向くように、左脇が開かないように振ります」

フェースの向き開けて→閉じる

 −つまり、フェースを開いて、閉じる動きですね

 「そうです。ボールに目があると仮定して、そこからクラブフェースを見ると、バックスイングでは、クラブはフェースが開きながら上がっていって、ダウンでは閉じながら下りてくるように見えるはずです」

 −体の回転を意識しながら、クラブフェースを開いて閉じるのですね

 「そうです。大切なのはクラブを真っすぐ(引いて)、真っすぐ(出す)ではなく、体の回転で上げて、体の回転で降ろしていくイメージです。インパクトでリストを使ってフェースを無理やり開閉させるのではなく、穏やかに両腕を回転(アームローテーション)させながら、体の回転(ボディーターン)を使ってクラブフェースを開閉させる動きです。これができるようになると、いわゆるつかまったボールが打てるようになります。当たった瞬間にボールがフェースから離れていくのではなく、当たったあと、コンマ何秒かフェースにボールがくっついている時間が長くなるイメージです。これを体感してほしいのです。この感覚がわかると、ミート率は格段に上がります」

うまく打てれば球の回転変わる

7Iのハーフスイングで簡単ドリル<1>7番アイアンをティーアップしてハーフスイングから始める<2>力はいらない。クラブは常に体の正面に<3>フィニッシュもこの位置

写真

 −何かいいドリルはありますか

 「いきなりドライバーでこの感覚を持つのは難しいですから、簡単なクラブから始めるのはどうでしょう。まずは7番アイアン(7I)です。そしてボールをティーアップして打ってください。最初はフルスイングではなくハーフスイングから始めます。ティーアップをすると、ボールを地面からじかに打つよりも、簡単になります。ゆっくりとハーフスイングで、体の回転を意識してクラブを開閉して振っていきます。さっきも言いましたが、クラブは常に体の正面にあること、クラブと体の距離が一定であることを意識して振ってください。7Iができたら、だんだん番手を上げていってください。ドライバーもハーフスイングから始めて、最後はフルスイングまで持っていく。力任せではなく、体の回転で振ることができると、ボールの球筋が穏やかになるんですよね。これがプロの球筋です。アマチュアの方のボールって、方向もそうですが、球筋が暴れてますよね。これが改善されるはずです。ミート率は確実に上がると思います」

 −回転がきれいなボールという意味ですよね。確かに同じ飛距離でも、アマチュアの球筋とプロの球筋ってまったく違います。プロに近い球筋がこのドリルで手に入るのですね

【プロの独り言】ラインをまたぐって本当は難しい

 グリーン上を歩く時、同伴競技者のラインを踏むなんてことは、マナー以前の問題です。「そんなことやらないよ」と思っているあなた、実は意外に他人のラインを踏んでいるかもしれないですよ。

 ボールとカップの間のラインを想定し、それをまたぐ行為、あれが危ないんです。またいでいるようで、実は踏んでいるってことが、よくあります。横からラインを想像するのは、実はプロでも難しいのです。ましてや経験の少ないプレーヤーが横からラインを想像することは、自分で思っているより難しいと自覚した方がいいと思います。

 ラインはよほど時間がかかる場合をのぞいて、またがず、迂回(うかい)した方が無難です。またぐなら確実にラインを避けられる、カップ付近やボール(マーク)付近がいいでしょう。

 ▼桑原克典(くわばら・かつのり) 1969(昭和44)年4月4日生まれの47歳。愛知県北名古屋市出身。172センチ、71キロ。愛院大時代は「全日本学生」で優勝するなど、同い年の日大・丸山茂樹らとしのぎを削った。1992年にプロ転向。日本プロゴルフツアーマッチプレー選手権などツアー通算2勝。趣味はガーデニングとアユ釣り。得意クラブはパター。ミズノ所属。

 ◆教わる人 青山卓司。本紙のゴルフ担当デスク。入社25年目の52歳。ゴルフ歴14年。飛距離自慢で、小技はさっぱりのマッチョ系ゴルファー。

取材協力 岐阜セントフィールドカントリー倶楽部 岐阜県関市神野宇宮後3496 TEL:0575−29−0888 http://www.st-field-cc.net/

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ