トップ > 中日スポーツ > スポーツ > KOSHIEN新世紀 > 記事

ここから本文

【KOSHIEN新世紀】

甲子園が叫んだ 天下のKANO

2015年2月24日 紙面から

1931年、嘉義農林が旋風を起こした第17回大会(堀川盛邦さん提供)

写真

1931(昭和6)年 第17回大会

 映画「KANO〜1931海の向こうの甲子園〜」が昨年は台湾、今年は日本でヒットした。KANOとは台湾の嘉義農林(かぎのうりん)学校(現国立嘉義大学)の愛称で、映画では日本統治下にあった第17回大会で、初出場ながら準優勝を果たした快進撃が描かれている。当時の監督は、松山商業出身の近藤兵太郎。外地の無名校を率い、民族の垣根を越えた近藤の足跡、そして嘉義農林の歴史が今に伝えるものを、書く。(文中敬称略)

嘉義農林チームの集合写真。後列右端が呉明捷さん(堀川盛邦さん提供)

写真

民族混成チーム

 嘉義農林は過去の台湾代表にはない大きな特長があった。それまでに春夏9度甲子園に進んだ台湾勢だが台北一中、台北商、台北工と、いずれも日本人中心の北部のチーム。嘉義農林は南部からの初出場だけではなく漢民族、日本人、そして高砂族(先住民)の混成チームだったのだ。

 躍進の原動力となったのはエースの呉明捷(漢民族)。ダイナミックなフォームから繰り出す速球にカーブとシンカーを巧みに操る制球力もあった。台湾西南部の嘉義から列車と船を乗り継いで、5日間かけて甲子園にたどり着いた。2回戦の神奈川商工を1安打完封。これは台湾代表初の快挙だった。

 映画「KANO」では小市慢太郎が演じる新聞記者が喝采を送るシーンがあるが、その元になっているのが作家の菊池寛が大会終了後に東京朝日新聞に寄せた「甲子園印象記」だ。『嘉義農林が神奈川商工と戦った時から嘉義びいきになった』。高校野球がファンをひきつけるのは「郷土愛」と並んで「判官びいき」だが、その第1号と言ってもいいのがこの大会での嘉義農林だろう。

写真

最初はテニス部

 のちに「麒麟児(きりんじ)」と呼ばれる明捷が生まれたのは、12年2月17日。北部の苗栗という街で、父は裁判所の書記官を務め、広大な土地を所有する地主だった。苗栗と嘉義は、当時は列車で4時間。農業を学ぶために進学した。

 「最初はテニス部だったと聞いています。そこで近藤先生に見いだされたようです」

 こう話すのは呉明捷の次男・堀川盛邦(59)だ。姓が違うのは、71歳で亡くなるまで台湾籍のままだった明捷だが、4人の子どもたちには日本国籍を選ばせ、妻の姓を名乗らせたためだ。

 近藤式のスパルタ練習で明捷の才能は開花した。甲子園では打者としても4割1分2厘の大活躍。卒業間近にかかった腸チフスのため、1年遅れで進んだ早大では野手に専念し、通算7本塁打を放った。これはのちに長嶋茂雄に破られるまで、東京六大学の最多タイ記録だった。しかし、早大で野球とは決別した。

 「プロからも誘いはありましたが、断ったみたいです。息子としてはプロに行ってもそれなりの記録は残したんじゃないかと思いますが、アマチュアリズムとでもいうのでしょうか。『お金をもらって野球を見せようとは思わなかった』と話していました」

 高校野球をやったのは息子が1人、孫が1人。明捷が亡くなって1カ月後に生まれた孫の高橋晃太(31)は、会社員として駐在した台湾でも硬式野球を楽しんだ。

 「所属していたリーグの方と雑談していたときに『呉明捷の孫です』と話したら『それはすごいことだ!』と言われたんです」

子から孫へ続く

 子、孫に語り継がれる明捷の足跡。嘉義農林がまいた種は、思わぬところでも花を咲かせていた。中日で通算106勝116セーブをあげた郭源治(58)だ。

 「僕たち先住民には娯楽がない。野球が遊びだった。でも、野球の基礎を教わったのは嘉農の人だった。嘉農がなければ今の僕はないんです」

 源治に野球の手ほどきをしたのは、郭光也、子光親子。光也は36年に嘉義農林が最後の甲子園に出たときのメンバーだった。その源治が今度は台湾で子どもたちに野球を教える…。84年前にまかれた野球の種は、今も台湾で育っている。 (渋谷真)

日本&台湾で大ヒット!!映画になった

 台湾では昨年公開された「KANO〜1931海の向こうの甲子園〜」は、大ヒット作となり、アンコール上映された。呉明捷役は曹佑寧。俳優が本業ではなく、昨秋の21Uワールドカップ(W杯)台湾代表で「1番・中堅」で活躍した野球選手だ。野村(中日)、横山(阪神)らがいる日本代表を下して世界一に輝いた。

 また嘉義市長役で堀川盛邦が、ライバルの台北商のエースとして高橋晃太が出演。日本でも公開中だ。

50年ぶりに中京商・吉田正男さん(前列右)と再会した嘉義農林・呉明捷さん(前列中央)=甲子園球場で(堀川盛邦さん提供)

写真

中京商・吉田正男さんと81年夏に感動の再会

 快進撃を続ける嘉農の前に立ちはだかったのは中京商(現中京大中京高)のエース・吉田正男だった。3試合で32点を奪った嘉農打線を4安打に完封。夏初出場初優勝を飾った中京商は、この年から前人未到の夏3連覇を達成する。

 吉田と呉明捷は81年の夏、テレビ取材のため甲子園で再会。呉が「日本には、すごい投手がいるとびっくりしたものです」と言えば、吉田も「気迫のチームを象徴するピッチングだった」と50年前の健闘を讃え合った。

近藤監督は「武士道プラスID野球」

 その戦いぶりを「天下の嘉農」と讃えられた嘉義農林を率いた近藤の青年期までを整理する。

 明治21年松山市に生まれ、同36年松山商入学。同41年に卒業。専売局松山支社に勤務する傍らコーチに就任。大正7年、部の存続危機に「必勝」(松山中攻略、四国制覇、全国制覇)を約束し、正式に監督となる。

 近藤は後に「正岡子規を顕彰する会」を立ち上げる。子規は一高(現東大教養学部など)で覚えた野球を母校・松山中に伝え明治25年、野球部創設の礎を築いた。その子規が没したのが同35年。この年に松山商および同校野球部が誕生する。

 できて間もない野球部に2人のコーチがいた。その1人が杉浦忠雄(松山中−一高)。近藤に“野球人格”を植え付けた人物だ。近藤が監督に就任し7年後、松山商はセンバツ優勝を果たし、近藤は勇退する。子規を起点に受け継いだ野球は、松山商を通じて全国にその名をとどろかせ、後には台湾にも大輪の花を咲かせた。

 愛媛・新田高の監督時代(昭25〜29年)に近藤の指導を受け、早大に進んだ亀田健は「武士道プラスID野球」と評する。猛烈なスパルタ。亀田は「監督が憎くて」ノックの返球を近藤の頭部付近に投げた時「ニヤリ、と笑いましたね」と回想する。厳しいだけではなく、ルールの原書などを取り寄せ「こっぴどい罵声の中に『パーセンテージ』とか『セオリー』なんて英語が混じるのが新鮮でした」とも。

 「近藤兵太郎をたたえる会」が松山にある。会長で、亀田と同じく新田での教え子だった林司朗は「『台湾には裸足で塁間を3歩半で走るのがおった』という逸話も聞きました。ほとんど日本人しかしなかった野球を台湾全土に広めた功績もある」と話す。 (西下純)

 ◆嘉義農林学校 日本統治下の1919年に、台湾公立として創立。31年当時は台南州立だった。甲子園へは春1回、夏4回出場。巨人、阪神などで、首位打者2度を獲得した「人間機関車」呉昌征(本名・呉波)は卒業生。現在は国立嘉義大学となっている。

【へぇ〜!】満州・大連商が26年に準優勝

 戦前の日本は現在の国土に加え、台湾(1895年)、関東州(満州、1905年)、朝鮮(10年)などを統治下に置いていた。

 外地から初の全国中等学校優勝野球大会(現選手権)出場校となったのは21年の第7回大会。満州から大連商が、朝鮮から釜山商が出場した。台湾は23年に台北一中が初出場した。

 ちなみにセンバツでは30年(台北一中)、33年(同)、35年(嘉義農林)と3度のみ。満州と朝鮮は出場が認められなかった。強豪は満州の大連商。3度のベスト4と、26年には準優勝という、嘉義農林に劣らぬ記録を残している。

 各地いずれも40年が最後の出場となり、45年、日本の敗戦をもって統治下から外れた。

 ◆お知らせ KOSHIEN新世紀では、高校野球ファンの皆さまにアンケートを行います。項目は(1)過去最強チームはどこか(2)歴史に残る名勝負は?(3)好きな高校球児の3点です。結果を集計、分析して秋をめどに記事化する予定です。はがきに〒住所、氏名、年齢、職業、電話番号とアンケートのそれぞれの答えを明記し、〒460 8511 中日スポーツ「KOSHIEN新世紀アンケート」係まで。ご協力よろしくお願いします。

(次回は3月10日掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ