トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 井上透の最先端メソッド一覧 > 記事

ここから本文

【井上透の最先端メソッド】

足底圧計測器で理想的な体重移動を追求しましょう

2019年10月10日 紙面から

 どのようにすればミート率を高めたり、飛距離を伸ばしたりすることができるのでしょうか。今週は足底圧計測器を使って分かってくる、理想的な体重移動に迫ってみたいと思います。

  (取材・構成 末松茂永)

足底圧計測器を使って理想の体重移動を追求しましょう (上)足底圧計測器

写真

「ビハインド・ザ・ボール」

 足底圧計測器。最近では、ちまたのゴルフスクールにもあります。足裏のどこに体重がかかっているのかを視覚的に知る、マット状の機器です。体重の中心部を示すのが「センター・オブ・プレッシャー(COP)」という丸い点。このCOPがどのように動くと方向性が良くなり、飛距離を伸ばせるのか。今回は体重移動の視点から、スイングのメカニズムに迫ります。

 アマチュアの人、特に初心者は、体重移動は「右から左」と考えていいでしょう。でもプロのスイングを足底圧計測器で見ると、COPの動きは「右→左→右→左」となります。なぜそうなるのか。簡単に言うと、「ビハインド・ザ・ボール」の動きが入るからです。クラブがボールを捉えたインパクトの瞬間、頭はボールの後ろにないといけません。

 ダウンスイングへ移行する際、左足に乗せていた体重はインパクトの直前、右足へ移動します。この時、右足加重の度合いを強めると、より強いインパクトを生むことができます。

 最近、インパクトの直後に左足が動いたり、跳ね上がったりするプロ選手を見ると思います。これは「地面反力」を使っているのです。聞き慣れない言葉ですね。地面から受ける反発力と考えてください。地面反力を上手に使うと、飛距離を伸ばせます。

写真

前後に体重移動しないよう

 ではミート率を上げ、方向性をよくするにはどうしたらいいか。再び、足底圧計測器で見てみましょう。プロのCOPは真横に、一つのライン上をきれいに動きます。しかし、アマチュアの人のCOPは前にいったり後ろにいったりと前後に動きます。バックスイングの時に左足のつま先に体重が乗ったり、フィニッシュの時にかかと体重になったりしているからです。

 平均台に立ち、落ちないようにスイングするイメージを持つといいでしょう。前後に体重移動する人は、平均台から落ちてしまいます。落ちないような、穏やかな体重移動を目指しましょう。

左足に体重乗らないのは×

 ドリルを2つ紹介します。まずはステップ打ち。バックスイングは右足一本で立ち、左足に踏み込みながらボールを打ちましょう。インパクトの直前、上半身も左に傾くと思います。この上半身の重さを感じながら打ってください。

 次は体重の入れ替え。インパクトの瞬間、左へ移動していた体重を右に戻す動きを覚えるドリルです。ビハインド・ザ・ボールを意識して、やってみてください。一度、左足に体重を乗せてからボールを打つ直前、右足に体重を戻します。

 往々にしてあるのは、ビハインド・ザ・ボールばかりを意識して、一度も左足に体重を乗せないことです。それはよくありません。飛距離を求めるドリルなので、難しいと思う方はやらないでください。

写真

【井上透のひとりごと】

自分たちで部費を稼ぐシステムを

 大学のゴルフ部で活動するためには多くの費用がかかります。私が指導している東大ゴルフ部も、やりくりに苦労しています。

 私が学生時代を過ごしたバブル期に比べれば、練習やラウンドのコストもかなり安くなりました。しかし、それが理由で入部できなかったり、退部したりする学生もいます。

 そのため、リーグ戦などかなりの費用がかかるイベントには、OB会の皆さまに費用を補填(ほてん)してもらっている状況です。もちろん私も監督として有償ではなく、ボランティアで彼らを指導しています。

 以前から私は、部費は自分たちで稼ぐシステムをつくるべきだと考えています。例えば、東大ゴルフ部でクラブを開発したり、SNSで自分たちの成長過程を見せたりしても面白いですね。

 彼らのほとんどは完全な初心者ですから、多くのアマチュアゴルファーの参考になることは間違いないでしょう。これからの東大ゴルフ部の活動に期待して頂ければ幸いです。

 <井上透(いのうえ・とおる)> 1973(昭和48)年4月3日生まれ、横浜市出身の46歳。大学生の時に渡米し、ゴルフ理論を学ぶ。97年に日本初のプロコーチとなり、現在は成田美寿々や穴井詩らを指導。世界ジュニアゴルフ選手権の日本代表監督を務めるなど、ジュニア育成にも力を入れる。2016年から東大ゴルフ部監督。

 取材協力 横浜本牧インドアゴルフ練習場(横浜市中区本牧原15の6グロブナースクエアB1)(電)045(228)7739

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ