トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 藤井かすみの体感して ゴルフ上達ドリル一覧 > 記事

ここから本文

【藤井かすみの体感して ゴルフ上達ドリル】

ドリル(24)バンカー一発脱出の秘訣教えます〜応用編その3

2019年9月19日 紙面から

 今週も、ラウンドでの「応用編パート3」です。100切りを目指すみなさんにとって、やっかいなのが深いバンカーに入ったときではないでしょうか。今回は、そんなバンカーから一発で出せる“秘訣(ひけつ)”を紹介します。 (取材・構成 児玉光雄)

フェース 開いて握る

写真

 私たちプロはバンカーに入っても、脱出させるだけならそうプレッシャーはありませんが、100切りを目指すみなさんにとってはそうはいきませんよね。いきなりスタートホールでバンカーに入れると、不安な気持ちになります。

 でも、バンカーショットの特性を知っていれば、むしろ、バンカーの方がやさしいってことがあるんですよ。

 ここに、高さが2メートルぐらいのバンカーがあります。グリーンにオンさせるだけなら、プロはさほど気にならない高さです。なぜなら、サンドウエッジのロフト角を知っているからです。サンドウエッジのロフト角は58度や56度が一般的ですが、この角度通りに打てばボールは2メートル以上、確実に上がります。この角度を信じることが、バンカーショットの大切なことだと認識してください。

 フェースを開くとき、注意してほしいことがあります。普通に握って手を前に出して開くのではなく、あらかじめフェースを開いた状態で握ることに留意してください。なぜなら、ヘッドより手が前に出てしまい、トップしてボールが低くなります。そのトップを嫌がると、今度は上から深く入ってボールが飛びません。

手の甲側へ左手首折る

写真

 まずボールを左サイドに置き、クラブのフェースを手の中で開いて握ります。左手の甲は上を向き、左手首は手の甲側に折ります。それから必ずやってほしいのは、手の位置よりヘッドを身体の左側に出し、ハンドレートの状態をつくることです。それから膝を曲げて下半身をできるだけ低く構え、あとはクラブヘッドを縦に上げて、右上から左下に振り抜いてください。

 これをまとめると、

 (1)まず、サンドウエッジのロフト角を信じること。

 (2)インパクトでフェースを先に走らせる(ターンさせる)こと。グリップが先に出るとフェースは走ってくれません。

 (3)バンカーショットのバックスイングはヒジや手首を折って行います。手だけで振れるように、体重は左サイドにかけておきます。

覚えればむしろ楽!

 あと、砂質を把握しておくことが大事です。軟らかい砂のときは砂に潜らないように、バンスを滑らせるように使ってください。逆に硬いバンカーのときは、歯から打ち込むようにしましょう。なぜなら硬い砂にバンスがはね返されて、トップなどの現象が起きるからです。

写真

 バンカーは打ち方さえ覚えれば、プレッシャーはなくなります。むしろ、深いラフや奥にこぼすよりは、バンカーの方が楽というケースもありますよ。なにより、バンカーが怖くなくなれば、ラウンドに余裕が生まれます。

【かすみのひとりごと】

渋野選手と一緒に上野由岐子投手の偉業目撃

 先日、時の人、渋野日向子選手がお休みの週を利用してソフトボールを観戦しましたよね。場所は兵庫県の但馬ドーム。実は岡本綾子さんから連絡を頂いて、一緒に観戦したんです。

 岡本さんも私もゴルフの前はソフトボールの選手。私は久しぶりのソフトボール観戦でしたが、渋野選手もソフトボールの選手だったそうで楽しそうに観戦していました。

 聞くと、上野由岐子選手の大ファンだそう。実はその日、上野選手は私たちの前ですごいことをやってのけたんです。それはノーヒットノーラン。上野選手はことしの春先にケガをして本来なら投げないはずでしたが、前日の試合で2人の先発投手を使ってしまったことで、この日の試合に先発してきたんです。

 そんな中、上野選手は、渋野選手や岡本さんの前でノーヒットノーランを達成したのです。きっと、良いところを見せようとがんばってくれたのだと思いますが、ノーヒットノーランなんてカッコ良すぎますよね。

 アスリートの仲間が観戦していたら恥ずかしいところは見せたくないので、めちゃくちゃ良いところを見せようと頑張りますが、それにしても2年ぶり15度目のノーヒットノーランなんて。全英女子オープンで度肝を抜く優勝を飾った渋野選手の前で演じた上野選手の快挙に、不思議な縁を感じました。

 <藤井かすみ(ふじい・かすみ)> 1967(昭和42)年11月30日生まれ、山口県岩国市出身の51歳。身長162センチ。ヴィクトリアゴルフ所属。学生時代はソフトボール選手で東京女子体育短大のとき日本代表に選出。23歳からプロを目指し、3度目のプロテスト受験だった95年8月トップ合格。2001年ベルーナレディースカップでツアー初優勝。02年には3勝を挙げ賞金ランク2位。ツアー通算10勝。師弟関係は岡本綾子。兵庫県でジュニア育成に力を入れる。

 取材協力 中日カントリークラブ(三重県鈴鹿市東庄内町1447)(電)059(371)1188

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ