トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 藤井かすみの体感して ゴルフ上達ドリル一覧 > 記事

ここから本文

【藤井かすみの体感して ゴルフ上達ドリル】

ドリル(22)下半身の動きを抑えてミスを防止!〜応用編その1

2019年9月5日 紙面から

 今週からはラウンド応用編のドリルです。スタートホールでいきなりOBを打ったりすると、その日のゴルフの楽しさが飛んでしまいます。でも、ちょっとした知識を持つことで、つまらないミスを防ぐことができますよ。 (取材・構成 児玉光雄)

べた足打法でミスショットを防ぎましょう (右)右足のかかとを地面につけたまま打つのがポイントです

写真

一日を左右する1番

 さあ、ラウンド開始です。できれば、スタートホールはするっと通過したいですよね。いきなりOBを打ったりすると、もう、そこからティーショットが怖くなってスムーズに振れなくなります。「たかが1番、されど1番」ですよ。

 ここ中日カントリークラブの1番はロングホールからのスタートですが、右にも左にもちょっと危険な雰囲気があります。白ティーから472ヤードといえば、そう長くはないパー5ですが、ここでOBを打っちゃうと気持ちもめいってしまいます。

 「よぉし、2オンを狙ってナイスショットをしてやるぞ」と張り切るべきか、それとも「できれば、ゴロでもいいので真ん中にいきたい」と丁寧にいくべきか?

 こう見えて、私が取る戦略は後者です。といって、恐る恐る打つわけではありません。安全な球を打ちたいだけです。そのためにどうするか?

体の軸が動くのは×

 ティーを低くしてトップボールを打つ方法もありますが、私がお薦めするのはべた足です。なぜ、べた足か? 実は、一番怖いのは飛ばそうと思って体の軸が動いてしまうことです。しっかり両足の間で体が回転すれば、そうボールは曲がりませんが、それができる人はシングルプレーヤーレベルです。

 ここで言うべた足とは、右足のかかとを地面に付けたままスイングすることです。右足をしっかり踏んでおくことで、上半身が自由に使えるようになります。何より、右足のかかとをしっかり踏んでおくことでスエー防止になります。

 大きなスライスの原因は、体が動いてフェース面が開いて当たること。逆に、大きなフックはスエーした状態で無理にフェース面を返そうとして起きます。つまり、下半身がインパクト前に動きすぎてしまうのです。

自然と回転運動に!

 しかし、右足のかかとをしっかり踏んでスイングすることで体の動きが抑えられ、自然と回転運動になり、インパクトもしっかりします。どうしても軸回転できずに、体が動き過ぎるってことありますよね。そんなときは、このべた足ドリルを思い出してください。

写真

 このべた足打法はティーショットだけでなく、前下がりや前上がりなどフルスイングができないときにも使います。このとき気をつけておかなければいけないのは、バックスイングでインサイドに引きすぎないこと。むしろアウトサイドインに、スライスになってもいいと思うぐらいの気持ちで打てば、危険度は薄くなりますよ。

 スコアメイクのひとつは大たたきをしないこと。毎度毎度、ナイスショットをしようとするのではなく、ナイスショットができるかどうかの状況判断をすることがスコアメイクの秘訣(ひけつ)です。

【かすみのひとりごと】

ギャップが新鮮 竹内美雪プロ人気者の予感

 ステップアップツアーのダイクレレディースで、一人の女子プロが気になりました。18番までトップだった竹内美雪さんです。

 彼女の公式ページにブログがあったのでちょっとのぞいてみました。読書が趣味らしく、とても感じの良い文章を書いていて、性格の良さが垣間見えるような内容でした。かわいらしい顔とハッキリしたメイクから、少しキツそうなイメージを持っていましたが、文章がとてもフンワカしていて、そのギャップが新鮮でした。

 ダイクレレディースの表彰式が終わったあと、少し彼女と話をしましたが、とても感じがよく、優勝が間近であることを確信しました。

 ブログにはハングルで書かれているところもありました。韓国に住んでいたこともあるとか、韓国語が読めたりしゃべれたりするのがすごいと思っていたら、神戸生まれで韓国育ちのハーフなんですって。国籍は日本。

 彼女が優勝する日は近いと思います。近い将来、人気者になる予感がします。

 <藤井かすみ(ふじい・かすみ)> 1967(昭和42)年11月30日生まれ、山口県岩国市出身の51歳。身長162センチ。ヴィクトリアゴルフ所属。学生時代はソフトボールの選手で東京女子体育短大のとき日本代表にも選ばれた。23歳からプロを目指し、3度目のプロテスト受験だった95年8月にトップ合格。2001年ベルーナレディースカップでツアー初優勝。02年には3勝を挙げ賞金ランク2位。ツアー通算10勝。師弟関係は岡本綾子。現在は兵庫県でジュニア育成に力を入れている。

 取材協力 中日カントリークラブ(三重県鈴鹿市東庄内町1447)(電)059(371)1188

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ