トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 藤井かすみの体感して ゴルフ上達ドリル一覧 > 記事

ここから本文

【藤井かすみの体感して ゴルフ上達ドリル】

ドリル(19)家でも練習場でもOK!突っ込みの矯正になります

2019年8月15日 紙面から

 さあ、今週からはプレー前日、あるいはプレー直前の練習ドリルについてです。自宅でもできますので、やってみてください。 (取材・構成 児玉光雄)

写真

両手では体感しづらい

 まずは、片手でのスイング練習です。はじめに右手1本でスイングしてみてください(ここでのレッスンは右利きの人用ですので、左利きの方は左右を反対に置き換えてください)。利き手の右ですから、なんとなく振れるのではないでしょうか。10回ぐらい振ってみて、次は左手1本で振ります。左手の場合はヘッドの重みで降ろしてきて、脇を締めて左に振り抜きます。

 どうして片手1本で振ることがいいのか。それはヘッドの走りを感じるためです。なぜなら、ヘッドをピュンと走らせなければしっかりと振れないからです。いきなり両手で振ると、腕の力だけや、体をあおってでも振ることができるので、このヘッドの走りが体感できないからです。

ヘッドに振られる感覚

 ゴルフはボールを打ちにいくのではなく、ヘッドに振られるように体を回転させるものと思ってください。

 よく、野球選手でゴルフに合っているのはピッチャー出身だと言われます。これって、なぜだかわかりますか?。バッターは、肘の使い方がピッチャーと同じでも、肘から先の使い方がゴルフに向かないからです。いいバッターほどゴルフではいいスイングができません。なぜなら、クラブヘッドがずっと背中側から出てこないからです。

クラブを持つ手の上腕部を、もう片方の手で持ちましょう

写真

 逆に、ピッチャーは投げるときの肘から先の動きや股関節の使い方がゴルフのスイングによく似ているので、ゴルフに向いています。

 話を戻します。つまり、片手スイングはヘッドの走りを体感できることで、突っ込み等の矯正になるのです。ですからこれは、ティーイングエリアに入って、打つ直前にやってみるのもいいですよ。

体全体バックスイング

 次にゴルフ場に着いた後、プレー直前の練習です。だいたいはアプローチから入りますが、このとき、写真のように右上腕部を左手でつかんでください。そうして、右手1本だけのアプローチをしてみてください。右手1本で振ろうとすると、どうしても右脇が空いてしまいますが、左手でつかむことで、体全体で回転してバックスイングができるようになります。

 つまり、しっかりとした深いバックスイングの調整にもなりますし、左腕の引き手に助けられてボールも打ちやすくなります。その形でアプローチ練習を5、6球やって、次は反対に右手で左上腕部をつかんでから左手1本で打ちます。右手で左腕を引けますから、肩の入りのチェックもできます。

 このドリルは練習場でやってみても、効果的です。

【かすみのひとりごと】

実は編み物、デコが趣味なんです

 プロゴルファーである私の趣味を言うと、みなさん、えっ? という顔をされます。

 実は私、縫い物、編み物、デコ(装飾)、パズルなど結構、細かくて時間のかかるものが大好きで、縫い物は少し前までハワイアンキルトにハマっていました。小さいものから大きい物まで。ベッドカバーは途中で投げてますが…(笑)。

 編み物はセーター、マフラー、帽子といろいろ編みました。デコに至ってはボールマークや携帯ケース、ミンティアケース、ライター、たばこケースといろいろ作りました。

 ただ、そんな趣味もアイコス(加熱式たばこ)がはやる前にやめています。実は目が悪くなって細かい作業ができなくなったことと、忙しくなって時間のかかる趣味がやれなくなったことが理由です。

 材料だけはプロ並みに買いそろえてあります。ミシンも好きで、誕生日のプレゼントにはディズニーの刺しゅうができるミシンをもらいました。デコでは、小さい車が買えるくらいの材料をそろえました。

 結構、凝り性で、1カ月くらい部屋から出なくて済むような趣味ばかりです。思い出したから、デコでも始めようかな。

 <藤井かすみ(ふじい・かすみ)> 1967(昭和42)年11月30日生まれ、山口県岩国市出身の51歳。身長162センチ。ヴィクトリアゴルフ所属。学生時代はソフトボールの選手で東京女子体育短大のとき日本代表にも選ばれた。23歳からプロを目指し、3度目のプロテスト受験だった95年8月にトップ合格。2001年ベルーナレディースカップでツアー初優勝。02年には3勝を挙げ賞金ランク2位。ツアー通算10勝。師弟関係は岡本綾子。現在は兵庫県でジュニア育成に力を入れている。

 取材協力 中日カントリークラブ(三重県鈴鹿市東庄内町1447)(電)059(371)1188

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ