トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 藤井かすみの体感して ゴルフ上達ドリル一覧 > 記事

ここから本文

【藤井かすみの体感して ゴルフ上達ドリル】

ドリル(18)頭が動かないパッティングが体に染みつきます

2019年8月8日 紙面から

 今回はパッティング・ドリルの4回目で、「家でもできる練習」です。パッティングの練習は地味でつまらないものですが、こんなお家での毎日の練習を繰り返すことが、お友だちに差をつける秘訣(ひけつ)ですよ。 (取材・構成 児玉光雄)

写真

落ちないように

 いつも同じくらいのスコアでお友だちとプレーしているみなさん、差をつけたいと思ったら、この「お家でのパッティング練習」をやってみてください。

 まず、練習用のパターマットを買ってきます。次に、このマットを壁に沿って、写真のようにぴったりと付けてください。練習はいたって簡単です。

 ボールを置いてパッティングをしますが、このとき、壁と頭の間に何か軟らかいものを挟んでください。私は今回、ヘッドカバーを使います。そうすると、ちょうどボールの真下に目線が来るはずです。また、来るように軟らかく挟んでください。

 挟む強度は、頭が小さく動いても落ちる程度です。そうして、ヘッドカバーが落ちないようにボールを打ってください。挟むことで体はぶれなくなります。もし、頭が少しでも動くとヘッドカバーは落ちてしまいます。

動く人は違和感

 この感覚で打つのがパッティングの基本です。この練習をやって違和感を覚える方は、間違いなく頭や体が動いている方です。

 考えてもみてください。体や頭が動いていれば、スクエアにボールをヒットできるわけがありません。パッティングで大事なことは、インパクトで正しい方向へ打ち出せるかどうか。そして、同じタイミングやリズムで打てるかどうか。これは、これまでのドリルでも説明してきました。

(上)1日10〜30分の室内練習で、頭が動かないパッティングを体に覚え込ませましょう (下)硬貨をパターに乗せれば効果倍増!

写真

硬貨で効果倍増

 体や頭が動かずに、インパクトでフェースに対して垂直にボールを打ち出せるかどうかがパッティングの極意です。前々回で紹介した、パターの背面に10円玉を乗せるドリルを一緒にすると、さらに練習の効果は倍増します。

 ショットの練習も大切ですが、スコアメークに直結するのはパッティングといっても過言ではありません。プロでも、強い選手はパッティング練習に時間を割いています。

 自宅で毎日、このドリルを10分〜30分間やってみてください。パッティングの練習は地味でつまらないものですが、これがやれるかどうかで差がつきます。何より、頭が動かないパッティングを体で覚えてしまうと、パッティングが楽しくなります。

 ショットの不調を助けてくれるのはアプローチやパッティングですが、中でもパッティングの効果は絶大です。5〜6メートルのパットが入ってくれるとゴルフが楽になります。不思議なもので、ショットもよくなります。自宅でのこんな地味なパッティング練習が、あなたの腕前を上げてくれますよ。

【かすみのひとりごと】

渋野日向子の全英Vの瞬間、見逃した…

 渋野選手、全英女子オープン、優勝しましたね。最終日の18番のセカンドまで見てたのに、ほんの一瞬、目をつぶった瞬間に決定的瞬間を見逃してしまいました(笑)。

 韓国人選手に日本人選手がなぜ勝てないのか、とよく聞かれました。私は、朴セリ選手を見て育った韓国人選手が今活躍しているので、宮里藍選手を見て育った選手が出てきたら日本人選手も強い選手が出て来るはずだ、と答えていました。

 日本人選手のプレースタイルも、最近は随分変わってきたと思います。耐えて勝つというよりは、自分からガンガン攻めて優勝をもぎ取る、というような。日本でも大東建託・いい部屋ネットレディスで成田美寿々選手が強気に、かっこよく勝ちました。

 最近のゴルフ界は、良い話題が多いです。これからどんどん強い選手が出て来るのかと思うと、とても楽しみです。男子も石川遼選手や松山英樹選手を見て育った選手がそろそろ出て来る頃です。男子のゴルフ界も面白くなってくるといいですね。

 渋野選手、おめでとう!

 <藤井かすみ(ふじい・かすみ)> 1967(昭和42)年11月30日生まれ、山口県岩国市出身の51歳。身長162センチ。ヴィクトリアゴルフ所属。学生時代はソフトボールの選手で東京女子体育短大のとき日本代表にも選ばれた。23歳からプロを目指し、3度目のプロテスト受験だった95年8月にトップ合格。2001年ベルーナレディースカップでツアー初優勝。02年には3勝を挙げ賞金ランク2位。ツアー通算10勝。師弟関係は岡本綾子。現在は兵庫県でジュニア育成に力を入れている。

 取材協力 中日カントリークラブ(三重県鈴鹿市東庄内町1447)(電)059(371)1188

(毎週木曜日の紙面に掲載)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ