トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

中学硬式に入ったら新しいグラブなど揃えるべきか

2020年2月26日 紙面から

 【質問】息子は、この春から中学硬式のボーイズに入ります。グラブやバットは新しく買った方がいいでしょうか。 (相模原市 母Yさん=41)

 【答え】学童を卒団する選手のご両親から同じような相談をよく受けます。私は、硬式になるからといってすぐに新しいものを買う必要はありませんとお答えしています。すぐにはポジションも決まらないし、硬式球に慣れるまではこれまで使っていたグラブで十分です。体がすぐに大きくなるからと、大きめのグラブを使っている新入生を見かけますが、上達の妨げになるので感心しません。

 バットは、グラブと違って硬式では軟式用は使えませんが、安い用具ではないので、グラブと同じく慌てて買う必要はありません。中学硬式のボーイズやシニアではチーム用のバットが用意してあるので、その中から重さ、長さ、グリップなど自分に合ったのを時間をかけて探せばいいと思います。硬式は重いボールを打ち返すだけのパワーとスイングスピードが必要になります。

 まずは、硬式に合った打ち方を一日も早く覚えるようにしてください。レベルスイングが一番適していると思いますが、バットを振りきれないうちはダウンスイングがいいでしょう。新入生は慣れるまでティーバッティングの繰り返しになります。トップからそのままグリップをボールに向けて振り下ろしていく感覚で振ると、ヘッドが下がらないで打つことができます。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ