トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

キャッチャーフライの捕り方は?

2020年2月22日 紙面から

 【質問】中学硬式のキャッチャーです。キャッチャーフライの捕り方を教えてください。 (岐阜県関市 N・K君=中1)

 【答え】キャッチャーフライは、ボールがどういうふうに落ちてくるのかという性質を知ると、意外に簡単に捕ることができます。その性質を教えます。

 (1)自分よりも後ろ(バックネット方向)に上がったフライは自分の方に戻ってくるので、バックネットの方を向いて捕ります。また一塁側や三塁側に上がったフライもフェアゾーン側に戻ってくるので、投手に背を向けて捕ります。(2)自分の真上に上がったフライは投手方向に流れていくので投手に背を向けて捕ります。投手寄りのフライは、誰が捕るのかを指示します。これらの性質をしっかり覚えてください。

 捕り方です。両足は肩幅くらいに開いて軽く膝を折ります。重心を低くして膝に余裕を持たせることが大切です。ミットは肘をあまり伸ばさないで、楽にして構えます。肘を伸ばすと自由が利かず、落ちてくるボールがミットに隠れて見えにくくなります。

 小・中学生の中には、背伸びをしながら捕りにいくキャッチャーが少なくありません。気をつけましょう。前もってグラウンドの状況を頭に入れておくことも大切です。バックネットまでの距離、風の方向と強弱、太陽の位置などを毎回確認することを忘れないでください。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ