トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

野球以外もやった方がいいですか?

2020年2月1日 紙面から

 【質問】ピッチャーは身長が高い方が有利といわれますが、どうしてですか。野球を続ける上で、野球以外のスポーツもやった方がいいのですか。 (和光市 N君=中1)

 【答え】ピッチャーマウンドは、地面からおよそ25センチの高さがあります。背が低いよりも高い方がボールの角度がつくので有利といわれています。角度というのは、ボールが投手の手を離れて捕手のミットに入るまでの軌道の角度で、大きければ大きいほどバッターは打ちにくくなります。190センチの投手がマウンドに立てば215センチと同じで、オーバースローで投げれば手の長さもプラスされた高さからボールがリリースされるので大きな角度がつきます。逆に角度が小さいボールは、打者が長く軌道を見ることができ、打ちやすくなります。そうはいっても、170センチ前後で活躍しているプロの投手もいるので、角度が全てではありません。

 野球以外のスポーツにトライするのは賛成です。日本では、子供のころから一つのスポーツだけに熱中する傾向にありますが、欧米諸国ではいろいろなスポーツをしています。野球だけではなく、サッカーやバスケットボール、テニス、水泳など、チャンスがあれば、どんどんトライしてください。小さいころから野球一筋だと、ある日突然やる気をなくすバーンアウト(燃え尽き症候群)になることもありますが、いろいろなことをしておくことで、その予防にもなります。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ