トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

どうすれば速い球投げられますか

2019年12月28日 紙面から

 【質問】中学軟式のピッチャーです。速い球を投げるにはどうすればいいですか。練習のときにキャッチャーの先輩が、今のは何キロぐらいと言うのですが、合っているのでしょうか。 (平塚市 K君=中1)

 【答え】速い球を投げるには、いろいろな要素がそろっていなければいけません。(1)投球フォームに欠点が少ない(2)肩が強い(3)肩の回転がスムーズ(4)下半身が強い(5)指の力(手首)が強い−などを持ち合わせて初めて速いボールを投げることができます。

 ふだんの練習で、遠投やボール回しなどをしていると思いますが、肩を強化するのに効果があります。つい最近まで「速球は投げ込みから」という考えが多かったのですが、投球数の制限などもあり難しくなりました。中学生は成長期ですからそれに合わせて速球に必要な体づくりを行うといいと思います。

 プロ野球で速球派といわれる投手はほとんどが柔軟な体をしています。腕をむちのようにしならせて、柔らかい手首と指でボールにスピンをかけて速球を投げます。毎日の風呂上がりにわずか10分の柔軟体操をするだけでも体を柔らかくすることができます。下半身の強化も必要です。肩が強くて投球フォームに欠点がなくても、下半身が軟弱ではスピードは出ません。「ピッチャーは走れ、走れ」というのはそのためです。

 ブルペンで先輩が「今のは何キロ」と言うのは、君を勇気づけるためだと思いますよ。その数字が合っているのかどうかはわかりませんが、それで君が気分良く投げられるのなら、それでいいと思います。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】 ※次回は来年1月8日付です。

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ