トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

体が小さくてもホームランを打つ秘訣は?

2019年12月7日 紙面から

 【質問】ぼくはまだホームランを打ったことがありません。体が小さくてもホームランを打つ秘訣(ひけつ)はあるのですか。 (静岡県伊豆の国市 S君=中2)

 【答え】野球選手にとってホームランは一番の魅力です。打ちたい気持ちはわかりますが、簡単ではありませんよ。プロ選手は試合の状況によってホームランを狙ったりしますが、一流選手でもなかなか狙って打てるものではありません。「世界のホームラン王」の王貞治さんは「ホームランはヒットの延長」と言っています。まず確実にバットの芯に当てることが重要です。

 打球を遠くに飛ばすには、体力、パワー、スイングスピードが必要なので、体が小さくて力がない人はホームランを打つのは難しいと思います。野球はホームランだけではなく、バントやヒットエンドラン、盗塁などの機動力も必要ですから、体が小さいなら細かい野球を身に付けるのもいいでしょう。バットを短く持って、しつこいバッティングをする選手を相手は嫌がります。味方にとっては頼りになる貴重な選手です。

 プロ野球にも小柄なスーパースターがたくさんいました。福本豊さん(元阪急)、大石大二郎さん(元近鉄)、若松勉さん(元ヤクルト)らがそうです。若松選手は「小さな大打者」といわれ、生涯打率3割1分9厘は5000打席以上の選手では歴代1位で名球会入りもしています。自分の特徴を生かした選手を目指しましょう。 

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ