トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

軟式から硬式へ 気をつける点は

2019年12月4日 紙面から

 【質問】小学校は軟式でしたが、中学からは硬式をやりたいと思っています。どんなことに気をつけたらいいですか。 (東京都世田谷区 H・C君=小6)

 【答え】学童軟式から中学硬式になると、グラウンドの広さなどで野球が大きく変わります。それに、どう対応するかを考えてください。(1)塁間の距離が4メートル以上伸びて、大人と同じ27・43メートルになる(2)バット、ボール、グラブの重さ、長さ、大きさなどの規格が大きくなる(3)グラウンドが全体的に広くなって肩の強さが必要になる−などが違うので、自分の体格、体力、強さが厳しい練習についていけるかの判断が大事です。

 君が住んでいる世田谷区は、中学硬式で全国大会優勝チームもあり、周辺にも強豪チームが競い合っています。そんな中でプレーするのを希望しているのは自信があるからだと思います。もしも自信はないけど友達に誘われたとかの理由ならやめた方がいいでしょう。少しでも迷いがあるなら、1つランクを下げて、そこで試合経験を積んで、高校野球への基礎をつくるのも選択肢の一つだと思います。

 厳しい中にも楽しくプレーできるチームに入るのが一番いいと思います。楽しければ、よく練習をする、よく練習すればレベルアップする。試合でも結果が出るようになるともっと練習をする。このサイクルが野球がうまくなる原点なのです。中学時代に、このサイクルを身につけると、高校、大学に行っても必ず役に立ちます。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ