トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ダブルプレー時 投げるかトスの判断は

2019年11月9日 紙面から

 【質問】セカンドです。ダブルプレーのときに投げるのか、トスをするのかで迷ってしまいます。判断の仕方やトスやスナップスローのやり方を教えてください。 (東京都中央区 高橋君=高2)

 【答え】個人差はありますが、送球するかトスするかの判断は、そのときの守備位置を基準として、そこより左側にいれば送球、右側ならトスと決めておくといいと思います。

 トスをする場合は、ショートにボールを必ず見せてからするのが基本です。捕球が1、ボールを相手に見せるが2、手から離すのが3。捕る→見せる→トス、この1、2、3のリズムを覚えてください。グラブの中にボールが入ったまま、トスするのはやめましょう。ショートはボールが見えないとタイミングが狂ってボールをつかみ損ねたりします。

 守備位置より左側の打球で距離が遠くなったときはスナップスローを使いましょう。捕球時の前傾姿勢のまま、右肘を肩のラインまで引き上げ、L字形になったところで止めてスナップスローします。フットワークと腰の回転をしっかり使ってください。スナップスローのとき、手首が下を向くと、ボールをたたきつけたりしますから気をつけてください。4−6−3のダブルプレーなら、ショートに向けて指先を指すような形ができれば送球は安定します。一塁寄りの深いゴロで左向きに回転するときは、右足でしっかりと踏ん張って左足を必ずステップして投げるようにしてください。 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ