トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > コラム 江藤省三の白球教室一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

どんな練習をすれば野球上手くなる

2019年11月2日 紙面から

 【質問】野球がうまくなるには、どんな練習をすればいいですか。 (川崎市幸区 U君=小4)

 【答え】よく聞かれますが、楽しく練習ができればうまくなりますよと、私はいつも教えています。楽しければ、よく練習する、練習すれば結果が出る、結果が出るとますます楽しくなる。このパターンが身に付けば絶対にうまくなります。小学生のうちにやっておくべきことはたくさんありますのでいくつか教えましょう。

 (1)基礎体力をつくる。食事の好き嫌いをなくして、バランス良く摂取する。食が細く偏食の人は中学・高校生ぐらいになると、スタミナやパワーが足りなくなって大きく差がつきます。(2)正しい打撃フォームをつくる。グラウンドだけでは、打つ本数が少ないので、家での素振りの習慣をつける。毎日50本(5分)でもいいので毎日振りましょう。(3)昔からキャッチボールの上手な選手はうまくなると言われています。目標を定めて必ずステップを真っすぐに踏み出して投げることです。ゴロ捕球はフットワークを使ってゴロの正面に入る工夫をしましょう。技術的なことは徐々に覚えていきます。(4)ベースの踏み方やリード、スライディングなどを覚える。足が速くない人でも走塁はテクニックでカバーすることができます。(5)野球のルールを覚える。インフィールドフライや走塁妨害など、日ごろ起こりうる最低限のルールを覚えると野球がもっと楽しくなります。

 (慶大野球部元監督)

 【水、土曜日連載】

◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。

〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ